シアリスジェネリックのおすすめ商品をご紹介

多くの男性がシアリス(Cialis)などのED(勃起不全)治療薬を服用しない理由の1つに、金額が高いからという理由があります。ED治療薬は診療代に加えて、保険が適用されないため、一般的な治療薬に加えて総額が高くなってしまいがちです。

そのような方に推奨できるのが、ジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は金額がより安価に設定されているので、だれでも気軽に利用することができます。

シアリスジェネリックをおすすめする理由

シアリスジェネリックをおすすめする一番の理由は、その価格の安さです。シアリスジェネリックは後発薬であるという理由だけでは、先発薬であるシアリスの3分の1ほどの価格で購入することができます。

次に、シアリスジェネリックには豊富な種類が用意されています。シアリスは錠剤のみですが、シアリスジェネリックにはゼリータイプのタダライズオーラルーゼリー(Tadarise Oral Jelly)やアプカリスXSオーラルゼリー(Apcalis sx Oral Jelly)が用意されています。これらのお薬にはフルーツ味もついているため、お薬の苦みが苦手という人でも簡単に飲むことができます。そのほか、口の中で溶かして飲むタイプのお薬であるビダリスタCT(Vidalista CT)もあります。

日本でのシアリスジェネリックの販売は?

日本ではシアリスはまだ特許期間満了を迎えていないため、ジェネリック医薬品は製造されていません。また、いつ特許が満了するかも明らかになっていないため、シアリスのジェネリック医薬品の登場はいつごろになるかもはっきりとわかっていない状態です。ただし、2019年~2020年ごろに発売されるのではないかという噂があります。

実際にバイアグラのジェネリックをいち早く製造した東和薬品株式会社、キッセイ薬品工業株式会社、富士化学工業株式会社などの大手製薬会社はすでにシアリスジェネリックの発売に向けて準備を進めているともいわれています。

日本で正規のシアリスジェネリックが販売されるようになれば、オリジナルのシアリスと同じように病院で処方してもらうことが可能になります。

シアリス ジェネリックを選ぶ際のポイント

良質なシアリスジェネリックを選ぶポイントは、まず製薬会社をよく比較することです。シアリスジェネリックはインド国内を中心に様々な製薬会社が製造しています。それらの製薬会社は規模や歴史、得意としている分野などが異なります。そのため、それぞれの特徴をよく比較し、世界的に知名度や信頼度が高い製薬会社が製造しているシアリスジェネリックを選ぶといいでしょう。

次に、各シアリスジェネリックの規格を比較しましょう。製薬会社によって規格が異なり、10mg~40mgまで用意されています。多くの製薬会社は10mg、20mgを揃えていますが、それ以上の容量となるとメーカーが限られてしまいます。どの容量が身体に適しているかは個人によって異なるので、各製薬会社によって提供されている規格を見比べて選ぶのも1つの方法です。

最後に、薬の錠型で選ぶようにしましょう。すでにご説明した通り、シアリスジェネリックには様々な錠型があります。それによって飲みやすさや効果が出るまでの時間が異なるので、それぞれのニーズに合ったものを選ぶのがおすすめです。

シアリスジェネリックのランキング

第1位 メガリス(Megalis)

メガリスは、インドのムンバイに本社を置くマクローズ社によって製造、販売されているシアリスのジェネリック医薬品です。マクローズ社はここ20年で急成長をしており、結核、マラリア、HIVなどのジェネリック医薬品にも力を入れています。

メガリスは黄色い楕円形をしているのが特徴です。また、英語だけではなく日本語の説明書がついているため、安心して服用できると人気を集めています。

第2位 タダシップ(Tadacip)

タダシップは、インドのムンバイにあるシプラ社によって製造、販売されています。

シプラ社はインドでトップ3に入るほど大きい製薬会社で、心臓疾患薬や抗生物質の製造だけではなく、幹細胞製品等の再生医療にも力を入れています。

アメリカ食品医薬品局の認可を受けているため、安全性において定評があります。

第3位 ビダリスタ(Vidalista)

ビダリスタはインドのセンチュリオン・ラボラトリーズ社が販売しています。センチュリオン・ラボラトリーズ社は2006年に設立された比較的新しい会社で、ED治療薬に加えて、抗菌薬、抗生物質、漢方薬、精神病薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品など、幅広い医薬品を取り扱っています。

ビダリスタは錠剤タイプのほか、噛んで服用することができるソフトタブレット・タイプの製品、舌の下で溶かして服用する舌下錠タイプをご用意しています。

第4位 スーパータダライズ(Super Tadarise)

スーパータダライズはインドのサンライズ・レメディーズ社が製造しています。

スーパータダライズは、シアリスと同じくタダラフィルを含んでいることに加えて、早漏に効果のあるダポキセチンも含んでいるのが特徴です。そのため、一錠で勃起不全と早漏の両方を改善することができます。

第5位 タダリス(Tadalis)

タダリスは、インドのアジャンタファーマ社が製造するシアリスのジェネリック医薬品です。

アジャンタファーマ社は、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラを製造していることでも知られています。正式名称は「タダリスSX」ですが、タダリスと表記されることが多くあります。

最新のシアリスジェネリックは?

2019年3月、インドの製薬会社ルピン、ユニケム・ラボラトリーズ、アレンビック・ファーマスーティカルズの3社が、シアリスジェネリックの販売についてFDA(米国食品医薬品局)の承認を取得しました。

アメリカでイーライリリー社が所有するシアリスの特許は2018年9月に満期を迎えていますが、テバファーマスーティカル社が最初にジェネリック申請をしていたため、他の製薬会社は6か月待つ必要がありました。

上記の3社から販売されるシアリスジェネリックは、2.5mg、5mg、10mg、20mgの用量で販売される予定です。まだ商品名等は発表されていませんが、これらの会社からシアリスジェネリックが発売された場合、それらが最新のジェネリックとなります。

シアリスジェネリックの購入方法

シアリスジェネリックは通販、または個人輸入をすることで入手することができます。どちらも通常のオンラインショッピングと同じ手順となり、サイト上で目的の商品を見つけたら、支払いを完了させるのみです。

シアリスジェネリックは多くのサイトで取り扱いがあるので、信頼できるサイトを見つけて購入するようにしましょう。

個人輸入の際は一度に購入できる医薬品の量が薬事法で定められているので、その量を超えないようにする必要があります。

シアリスジェネリックには偽物が多いので注意が必要

偽造医薬品の数は近年急増しており、1995年代は年間10件ほどだったことに比べて、2015年には1030件と10倍以上が報告されています。

実際にネット上で出回っているED治療薬の4割が偽物というデータもあります。

シアリスジェネリックの偽物には有効成分を含んでいないものや、記載のある成分以外ものを含んでいる場合があります。そのため、シアリスジェネリックを服用したとしても全く効果を得ることができない場合や、健康被害が現れる場合があります。

偽物と本物を見比べて、偽物を判別することが可能な場合もあります。偽物と本物では、パッケージのメーカー名の記載方法にわずかな違いがあったり、錠剤の色、大きさ、刻印が異なったりすることがあります。インターネット上で本物の写真が公開されているので、実際に購入したものをそれと見比べてみるのもいいでしょう。

シアリスジェネリックはED治療の可能性を広げてくれるお薬

シアリスジェネリックは、オリジナルのシアリスよりも価格、剤形タイプ、規格などにおいて幅広い選択肢があります。これまでシアリスは使用していなかった、という方でもジェネリック医薬品であれば適したものが見つかるかもしれません。

ジェネリックは治療の可能性を広げてくれる医薬品であり、今後も最新のものが多く市場に登場していきます。これらはEDでお悩みの男性にとって大きな助けとなることでしょう。