エクササイズ(運動)とED(勃起不全)

エクササイズ(運動)は身体を鍛えるだけではなく、ストレスの解消など精神面でのプラスの効果があります。そして、これらの間接的な効果として、勃起不全を改善することも可能です。

また、日常にエクササイズを取り入れることで、勃起不全を予防することに加えて、より強い勃起力を手に入れることもできます。

では、具体的にエクササイズと勃起不全にはどのような関わりがあるのか、詳しく見ていきましょう。

なぜエクササイズ(運動)をすると勃起不全が改善するの?

エクササイズをすると単に筋力が増すだけではなく、以下のような効果を得ることができます。

 

テストステロンの値が上昇する

テストステロンとは男性ホルモンの1つで、精力を向上させる他、血液の循環を促進する働きがあります。しかし、このテストステロンは、加齢と共に分泌量が減少していくと、勃起不全の原因となることがあります。

そして、エクササイズをすることでテストステロンの値を上昇させることが可能です。テストステロンの値をあげるには、持久力を上げる有酸素運動よりも、短時間で筋力を上げるような無酸素運動が効果的です。

 

血流が促進される

現代人の場合、デスクワークや車の運転が多く、足の付け根など下半身の血流が悪くなっていることがよくあります。そこで、エクササイズをすることで筋肉量を増やし、下半身の血流をよくすることができます。下半身の血流がよくなることで、陰茎にも多くの血液が行きわたり、勃起力があがります。

また、エクササイズは心臓のポンプ機能を促進するため、より全身に血液を送ることができるようになります。

 

気分転換になる

エクササイズをするとアドレナリンが分泌され、ストレスの発散、気分転換になります。そのため、EDの原因となっている心理的な問題などを解決することができます。鬱などで悩んでいる男性にも効果的です。

さらに、エクササイズによる気分転換で、性欲が高まることもあります。

骨盤底筋の強化が肝心

骨盤底筋とは別名、PC筋と呼ばれるもので、陰茎の根元部分の筋肉の集合体のことを指します。この骨盤底筋は、肛門を締めたり、陰茎を硬くしたりする他、射精をコントロールする働きがあり、男性の生殖機能において、非常に重要な筋肉の1つということができます。

そして、この骨盤底筋は歳をとると共に衰える傾向があり、骨盤底筋によって支えられていた内臓が下がってきてしまいます。これによって、陰茎周辺の血液が圧迫され、勃起不全の原因となってしまうのです。

この骨盤底筋が鍛えられていると、勃起力も上がり、射精のコントロールもしやすくなります。そのため、勃起不全を防ぐためには、この骨盤底筋を強化することが非常に重要です。

おすすめのエクササイズ

スクワット

勃起不全に最も効果的なエクササイズはスクワットだとされています。骨盤底筋を鍛えるためには、足を広げて、ゆっくりめにスクワットをするのがポイントです。また、この際に、しっかりと背筋を伸ばして、前かがみにならないようにするよう気を付けます。

スクワット1日10回 X 5セットを目安に行うようにしましょう。これを継続していると、陰茎の硬さや大きさに変化が感じられるようになります。

また、スクワットは下半身全体を鍛えることができるため、テストステロンも多く分泌されます。

 

ケーゲル運動

ケーゲル体操とは骨盤底筋を鍛えることに焦点を置いたエクササイズのことです。元は産後の女性のために考え出されたエクササイズですが、勃起力の改善に効果があるとして、男性にも推奨されています。

ケーゲル体操とは主に肛門を5秒ずつ締める・緩めることを繰り返し行うエクササイズで、これを1セット10回、1日10セットを目安に行うことで、骨盤底筋を鍛えることができます。

最新の研究では、ケーゲル運動を毎日行ったED患者の男性のうち、約3割の人にED改善の効果があったと報告されています。

 

ウォーキング/サイクリング

エクササイズなど、特別なことを日課にとりいれることが継続できないという人は、ウォーキングやサイクリングなどを行うことで、EDを改善することも可能です。

これらのエクササイズをすることで、下半身の血流が促進され、陰茎周辺にも血液が行きわたりやすくなります。1日30分のウォーキング、15分のサイクリングなど、無理のない程度に継続して行うと良いでしょう。

長時間のサイクリングはサドルにより陰茎付近の神経を傷つける可能性もあるので、適度に行うことが大切です。

 

ストレッチ

普段運動をしていない場合、股関節が硬くなり、血流が悪くなります。

股関節を柔らかくするには、前屈や開脚などのストレッチが効果的です。ストレッチは毎日ではなく、2、3日に1回でも効果を得ることができます。また、入浴後の血流がいい状態で行うとより効果的です。このストレッチにより、陰茎周辺の筋肉がほぐれ、陰茎に血液が行きわたりやすくなります。

エクササイズを毎日の日課にしましょう!

勃起不全には骨盤底筋が大きく関わっており、この筋肉を鍛えることで勃起不全を予防、改善することができます。そして、ケーゲル運動やストレッチなど、簡単に行えるものでも、十分な効果を得ることができます。

筋力は年齢と共に衰えるので、精力や筋力を維持するために、エクササイズを日課に加えると良いでしょう。

EDを治療するための自然療法については、「ED(勃起不全)の自然療法」の記事をご参照ください。