ED(勃起不全)の原因

EDというと、加齢が原因であることがほとんどで、性欲が減少した年配の男性ばかりがなる病気だとは思っていませんか?

実はそれは誤った情報で、私達が日常的にしていることによってEDになることがよくあります。そのため、近年では若い人のEDも非常に増えているのです。もしかしたら、あなたも普段の些細な行動で、知らないうちにEDになるリスクを高めているかもしれません。

そこで本記事では、ED(勃起不全)の主な原因をご紹介します。

心理的な原因から引き起こされるED

若い男性に多いのが、心理的要因のEDです。職場でのストレスや鬱症状などはEDの原因となります。

また、パートナーとの関係性もEDと大きく関係しています。パートナーへの不満がある、性行為に対して自信がない、こういったマイナスの感情によりEDになることがあります。さらに、パートナーが他の男性と仲がいいことへの嫉妬なども、EDの原因となることが研究で明らかになっています。

生活習慣の乱れが原因のED

過度な喫煙、飲酒、睡眠不足、運動不足などの悪習慣は、糖尿病などの生活習慣病、高コレステロール血症、動脈硬化などとなり、EDへとつながります。これらによって男性器に十分な血液が行き渡らなくなったり、信号が伝達されないことなどにより、勃起しなくなってしまうのです。

神経の障害が原因のED

勃起が起こるためには、性的刺激を受けた際に、脳および男性器に信号が送られる必要があります。この際、中枢神経や末梢神経、脊髄神経が重要となりますが、これらの神経に障害がある場合、信号が伝わらずに勃起が起こらなくなってしまいます。

これらの神経に影響を及ぼす病気としては、脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などが挙げられます。

手術による影響から引き起こされるED

前立腺がんや膀胱がんの摘出術、直腸がんの切除術の手術を受けた場合、陰茎海面体の血管や神経など、男性器周辺部位が損傷している可能性があります。そうすると、男性器に血液がいき渡らなくなるなどし、まったく勃起が起こらなくなってしまうことがあります。

また、同様の理由で事故などにより骨盤骨折や脊椎損傷をした場合もEDの原因となります。

服用薬が原因の薬剤性ED

一部の薬剤はEDの原因となることがあります。中枢神経、末梢神経、循環器系、消化管に作用する医薬品は、勃起の際の神経伝達の際に影響を及ぼし、EDの原因となることがあります。

その他の意外なEDの原因

サイクリング

長時間のサイクリングはEDの原因となります、体勢を変えずにサドルに座っていると、男性器が圧迫され神経や血管を傷つけてしまう可能性があります。

 

歯周病

歯周病の原因である歯周病菌は炎症性物質を発生させます。この炎症性物質が血液に流れ出ることで、全身の血管および臓器を傷つけることがあります。そのため、男性器周辺の血行障害を起こし、EDとなることがあります。

 

いびき

いびきは睡眠障害の1つであり、いびきをかくことにより10秒~30秒程度呼吸が停止することがあります。呼吸が停止することにより体内が酸素不足となり、全身の血流が悪くなることでEDの症状へとつながります。

 

AVの見過ぎ

アダルトビデオ、エロ動画、ポルノなどのAVの見過ぎもEDにつながります。AVを日常的に見ていると、脳が変化し一種の中毒のような状態になります。この状態になってしまうと、通常の性行為では勃起しなくなってしまいます。

 

EDの治療法

EDの最も簡単な治療法は、バイアグラやシアリス、レビトラなどのED治療薬を服用することです。この方法が最もリスクが少なく、多くの人が選択している治療法となります。

これらでEDが改善しない場合は、陰茎ポンプの利用、陰茎プロステーシス手術などの選択肢もあります。

 

「EDの治療法」に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しています。

EDの原因を正確に突き止めるためには病院へ

上記のようにEDの要因は多くあり、意外なことでEDになってしまうこともあります。

生活習慣の改善など自分で気を付けることができるものもあるので、心当たりがあった人はEDにならないよう対策をしましょう。

EDの原因を正確に突き止めたい方は、一度医師に相談をするためにクリニックや病院へ行くと良いでしょう。

ED(勃起不全)を治療するためのクリニックについては、こちらの記事をご参照ください。