シアリス ジェネリックを購入する方法

1. シアリス ジェネリックを購入する方法

ED治療薬の1つである、シアリス ジェネリックはED専門のクリニック・内科・泌尿器科などで処方してもらうのではなく、個人輸入をするのが主流です。これはシアリス(Cialis)の特許が満期を迎えていないことを理由に、シアリスジェネリックを正規の経路で入手することができないためです。つまり、シアリスジェネリックは日本での認可を取得していないため、病院での処方が認められていないのです。

個人輸入代行サービスを利用すれば、通販と同じ手順でシアリスのジェネリック医薬品を購入することができます。個人輸入代行サービスとは海外のお薬を輸入して、自宅まで発送してくれるサービスを指します。これを利用すれば、通院する必要がないため、スケジュールの管理をする必要がないことに加えて、診療費や時間を節約することも可能です。もちろん通関などの面倒な手続きもすべて代わりにやってもらうことができます。そのため、近年気軽に利用できる個人輸入代行サービスを活用する男性が増えてきています。

1)シアリス ジェネリックの概要

Cialis Genericとは、先発薬であるシアリスと同じタダラフィル(Tadalafil)を有効成分としたお薬のことを指します。タダラフィルには陰茎内の血管を弛緩し、血流を促進することで勃起を促進することができます。そして、タダラフィルには水に溶けにくいという性質があるため、バイアグラ(Viagra)やレビトラ(Levitra)などの他のED治療薬に加えて、ゆっくりと効果が出始めるという特徴があります。この特徴のおかげで、最大の作用時間は36時間にも及び、副作用が出にくくなっています。また、シアリス ジェネリックは食事の影響を受けにくいというメリットもあります。シアリスジェネリックの服用前であっても、800キロカロリー以下のあっさりした内容の食事であれば、お薬の効果に大きく影響を与えることはありません。

 

上記のようにジェネリック医薬品であっても有効成分が同じであるため、シアリスジェネリックとCialisの作用は同様となります。

しかし、シアリスの特許がまだ満了していないため、日本国内ではシアリスのジェネリック医薬品を製造することは認められていません。そのため、現在日本で入手可能なシアリスジェネリックはインド製のものを中心とした海外で製造されたもののみとなります。インドでは他国とは異なる特許法が設けられているため、医薬品の国際特許が切れる前でもジェネリック医薬品を製造・販売することが可能です。このように製造されたジェネリック医薬品は、発展途上国の貴重な医療資源となっており、国際的医療団体である「国境なき医師団」もインドのジェネリック医薬品を使用して人道支援活動を行っています。

シアリスのジェネリック医薬品であるタダラフィル(Tadalafil)は、すでにアメリカやヨーロッパでは承認されて処方が開始されています。

2)シアリス ジェネリックは通販で購入できる

シアリス ジェネリックは通販で購入できる他、個人で輸入することも可能です。インターネットで医薬品名を検索すると、多数の通販サイトが表示されます。

通販といっても、シアリスジェネリックなどのED治療薬を扱っているのはオンライン薬局のように機能する個人輸入代行サービスのサイトになります。シアリスジェネリックはAmazonや楽天などの一般的な通販のサイトでは医薬品を購入することができないので注意しましょう。

3)シアリス ジェネリックを個人輸入代行サービスで購入する方法

シアリスジェネリックを個人輸入代行サービスを利用して購入する場合、偽物を購入しないためにも、信頼できるサイトを利用する必要があります。

まず、サイトを選ぶ際には、運営者情報がしっかりと明示されているものを選ぶようにしましょう。所在地が記載されている場合は実際にその場所をグーグルマップで調べてみたり、電話番号の記載がある場合は、その番号に問い合わせてみたりするというのも有効です。電話での対応の様子をチェックするのも大切です。

次に、”2つ購入したら1つ無料”、”お試し品として無料で提供”、といった広告文句を掲げているサイトには注意しましょう。基本的に医薬品は無料で提供されることはありません。大幅な割引が提供されているなど、価格設定に疑問を感じさせるようなサイトは、正規品を扱っているとは言いにくいといえます。

最後に、クレジット決済ができるかどうかも判断材料となります。クレジット決済は信用取引であり、一時カード会社が立て替えた後に引き落としが実行される仕組みになっています。そのため、この機能をシステムに導入するには社会的信用が求められ、業者がクレジット決済機能を導入する場合は審査が実施されるようになっています。このことから、クレジット決済ができるサイトは業者による審査に通過した信頼できるサイトだと判断することができます。

以上のように、信頼できるサイトかどうかは自分でも十分確認することができます。シアリスジェネリックを購入する際はすぐに手続きをしてしまうのではなく、サイトの内容を吟味してからにしましょう。

2. シアリス ジェネリックを個人輸入する際の基礎知識

1)シアリス ジェネリックの価格

シアリスジェネリックは、オリジナルであるシアリスの約3分の1の価格で購入することができます。ジェネリック医薬品は、数百億円にもなる開発費用、および人件費が掛かっていないため、同じ効能を持っていたとしても、より安価で消費者に提供することができるのです。

また、個人輸入代行サービスの通販を利用した場合は、医師の処方箋が不要であるため、その分も節約となります。

2)発送元は海外である

個人輸入という言葉の通り、個人輸入代行サービスを利用した際、海外からお薬を取り寄せることとなります。

この際、ほとんどのジェネリック医薬品はインド製ですが、発送国はインドに限らず、アメリカ、台湾、香港、シンガポール、タイなど、多岐にわたります。というのも、海外の業者がインドの製薬会社からまとめて購入した後に、日本への個人輸入用として提供しているからです。

3)発送に要する時間と海外の事情

個人輸入は海外からの発送であるため、通販よりも時間がかかります。航空便だけではなく、船便が使われることもあり、その場合は2週間以上時間を要することもあります。

また、海外の祝日と重複した場合は、運送業者や税関が休みとなるため、その分発送が遅くなることがあります。

例えば、香港、台湾、シンガポールには2月に旧正月と言われる連休があるため、この際の発送には時間がかかります。

その他、インドではヒンドゥー教の新年であるディーワーリーが毎年10月か11月に5日間ほどあり、連休となっています。過去には郵便局でのストライキにより発送がすべて一定の期間休止した例もありました。

このように個人輸入をする際は、日本国内でなく、発送国の状況によって配達状況が大きく異なります。

4)クーリングオフは不可

クーリングオフとは、一定の期間内であれば購入申し込みや契約を一方的に解除できる制度のことです。

しかし、このクーリングオフは日本の特定商取引法に基づいた日本独自の制度であるため、海外との直接取引に値する個人輸入は該当しません。

そのため、個人輸入代行サービスを利用してシアリスのジェネリック医薬品を購入した際は、一度入金をした場合、キャンセルをすることが原則できません。

5)発送先は個人名義に限る

シアリスのジェネリック医薬品を発注する際、家族にばれることを避けるために、会社名などに発送したい、という声があります。

しかし、発送先が「○○会社内 個人名」、「○○病院内 個人名」などと記載されている場合、個人利用目的ではなく業務用と判断されるため、税関で止められる可能性があります。

さらに最近では行政指導が厳しくなり、営業所止め、郵便局留めも個人輸入と認められなくなりました。

そのため、個人輸入をする際は、必ずご自宅へ発送する必要があります。

3. シアリスジェネリックは個人輸入代行サービスを利用すると便利

シアリスジェネリックは通販や個人輸入代行サービスを利用して購入することができます。個人輸入と聞くと難しく考えてしまうかもしれませんが、今回紹介した基本的なことをおさえておけば、安全に利用することができます。

シアリスジェネリックは、病院で処方してもらうシアリスよりもずっとお得なので、節約のためにもぜひ一度試してみるといいでしょう。