CBDの副作用とは?

1. CBDにも副作用があるの?

CBDは安全に摂取することができるサプリメントとして知られています。

世界保健機関(WHO)による批判的レビューでさえ、CBDは多くの症状に対して有望なサプリメントであると報告しています。

CBDは、忍容性が良く、安全性が高く、依存症が生じるリスクが少ないと考えられています。

しかし、CBDの医学的治療への研究はまだまだ途上にあり、全ての作用や副作用について完全に解明されてはいません。一部の研究者は、人々がCBDを病気の治療に推奨するには、決定的な臨床的証拠が不足していると述べています。

そこで、CBDを全ての方に安全に摂取していただくことができるように、発症する可能性のあるさまざまな副作用についてご紹介します。

2. CBDの摂取で起こりうる副作用

  • 疲れ
  • 食欲減退
  • 胃腸の不調
  • 肝臓酵素の変化
  • 口渇(ドライマウス)
  • 下痢
  • 眠気

これらの副作用が生じた人々のほとんどが、最初の数週間の内に発症しており、摂取量が多すぎたことが原因でした。

また、このような場合は摂取量を減らすことで、副作用を減らすことが可能だと報告されています。

上記の副作用のいずれかが発生している場合は、用量を減らしてみたり、別の製品を試すなどの方法があります。

3. CBDを購入する際には高くても高品質の製品を購入することを推奨

副作用のもう1つの原因は、製造会社によってはCBDの純度と含有量が正確に記載されておらず、信頼できない点にあります。

アメリカのオンライン通販で購入した84のCBD製品を調査した最近の研究では、製品の4分の1以上がラベルに表示されていた成分の量よりもCBDが少ないことがわかりました。さらにTHCが18の製品で見つかったのです。

良質でないCBD製品を購入すると、不純物が含まれている可能性があり、副作用の原因となります。

また、大麻の植物の性質は、植えられた土地を浄化する特性を持っています。

土から有毒物質を除去する大麻の能力(phytoremediation:フイトレメディエーション)と呼ばれる手法はよく知られています。汚染された有毒な土壌で成長することができ、有害な化学物質の一部を吸収することができます。汚染要素は土壌から除去され、大麻の葉と茎に蓄積されます。

このように汚染された土壌で育った大麻を原料にCBDを抽出すると、有毒な成分が混入している恐れがあるのです。

大麻のフイトレメディエーションは、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所の周辺地域から放射性汚染物質を除去するために使用されたことでも知られています。

このような理由から、CBDを購入する際には、オーガニックの安全な土地で生産された大麻から作られ、きちんとした外部機関で成分調査が行われた製品を選ぶ必要があります。

 

参照:

https://www.foriawellness.com/blogs/learn/cbd-oil-risks-side-effects-safety-contraindications