ルミガンを「個人輸入」サービスの通販で購入する方法

ルミガンはまつ毛を長く太くすることができる作用が注目されている、まつ毛育毛剤です。

現在はまつ毛育毛剤としての知名度が高いですが、元は緑内障の治療薬として販売されました。そのため、ルミガンは病院で処方してもらうのが一般的です。しかし、緑内障の症状がない場合は、病院で処方してもらうことができないため、美容クリニックを利用する必要があります。その場合は、医療目的ではなく美容目的となるため、医療保険は適用されず、全額自己負担となります。

病院や美容クリニックの他にも、ルミガンは海外から個人で輸入して購入することも可能です。この記事では、ルミガンの一般的な購入方法や個人輸入についてご紹介します。

ルミガンとは

ルミガンとは緑内障および高眼圧症の治療薬として開発された商品です。ルミガンに含まれている有効成分ビマトプロストには眼球内に充満した房水を流出させる働きがあり、これにより緑内障および高眼圧症を改善することができます。

そして、ルミガンには副作用として睫毛の成長を促進することが発見され、まつ毛育毛剤として使用されるようになりました。ルミガンは毛のサイクルの一部である、成長期を延長する働きがあります。これにより、まつ毛をより長く、太くすることができるのです。ルミガンを数か月利用すると、80%という高い確率で、目で見てわかるほどの大きな違いを得ることができます。

そのため、まつエクの代わりに使用する女性が増えています。

ルミガンは病院で処方してもらうことが可能

ルミガンは日本では緑内障の治療薬として認められているため、病院で処方してもらうことができます。しかし、病院でルミガンを処方してもらう場合、緑内障もしくは高眼圧症の症状が確認できなければいけません。ルミガンには副作用があるため、美容目的で眼科に行った場合、処方を断られる可能性があります。

緑内障や高眼圧症の症状がなくともルミガンを処方してもらいたい場合は、美容クリニックでルミガンを購入することができます。この場合は、医療目的ではなく、美容目的での利用となるので、保険が適用されません。

ルミガンは市販されているの?

ルミガンは処方箋が必要な医薬品です。そのため、ドラッグストアや薬局では販売されていません。

また、今後市販される予定もありません。日本国内で正規ルートでルミガンを手に入れるには、病院や美容クリニックに行くのが唯一の方法となります。

しかし一部の国では、ルミガンの市販が認められていることもあります。例えば、タイのバンコクの薬局ではルミガンが販売されています。タイではルミガン1本を2000円前後で購入することができます。タイに行く機会があれば、現地でルミガンを購入するのもいいでしょう。

ルミガンは通販サイト、Amazonや楽天で購入可能?

日本における通販サイトと言えば、Amazonや楽天でしょう。Amazonや楽天でも一部の医薬品は取り扱っていますが、それらは医師の処方箋が不要のもののみとなります。

したがって、ルミガンはAmazonや楽天などの通販では扱っていません。ただし、ルミガンを塗るアプリケーターやブラシは購入することができます。

ルミガンの個人輸入について

病院で処方してもらう以外にも、ルミガンは個人輸入をして購入することができます。個人輸入とは、個人で海外のお店から商品を購入して、輸入することを言います。

個人輸入代行業者は、アマゾンや楽天のように通販サイトを運営しています。しかし、一般的な通販サイトとは異なり、サイトが商品を販売しているわけではなく、海外のお店からお薬を個人輸入する際の面倒な手続きを代行してくれるサービスです。お客様が個人輸入代行サイトで注文すると、注文した商品は海外の薬局から直接自宅へ発送されます。このように個人で利用する目的で海外からお薬を購入することは薬事法で認められている量に限り、合法となっています。

 

個人輸入代行サービスを利用した場合、関税の手続きも代行してくれます。そのため、仕組みは異なるものの通常の通販サイトと同じ感覚で利用することができます。

個人輸入をする際は、医師の処方箋が不要である点もポイントです。

また、個人輸入代行の通販サイトでは、ルミガン1本を2000円~3000円ほどで購入することができます。また、まとめて購入をすれば割引が適用されることもあるので、よりお得に購入することができることは大きなメリットとなります。

ルミガンの値段や最安値は?

ルミガンを病院で処方してもらった場合は、1本で5000円~10000円ほどの費用が発生します。これに加えて、診察料が発生するため、病院でルミガンを処方してもらうと金額的な負担が大きくなります。

また、美容クリニックでルミガンを購入した場合は、保険が適用されないため、1本20000円ほどすることもあります。

一方で、個人輸入代行サービスを利用した場合、1本2000円~3000円で購入することができ、これが日本国内での入手方法としては最安値となります。個人輸入代行サービスを利用した場合、発送国によっては1500円ほどの発送料が発生することがありますが、無料の場合もあります。

また、ルミガンを使用する際は、一緒に専用のアプリケーターを購入する必要があります。専用アプリケーターは、楽天やアマゾンで80本、2000円程で購入することができます。そのため、ルミガンとアプリケーターを両方購入した場合、合計で1か月3000円~4000円程度の出費となります。これに発送料が加わったとしても4500円程度で済むので、病院や美容クリニックよりもかなり安くなります。

ルミガンを個人輸入する際の注意点

ルミガンはまつ毛育毛剤として利用されていますが、個人輸入をする際には医薬品としての扱いとなります。そのため、個人輸入をする場合、薬事法に従う必要があります。

個人の医薬品の輸入の際に気をつけなくてらないのは以下の点です。

1.輸入した医薬品は本人のみの利用が可能

2.医薬品は利用者する本人の名義宛に送付する

3.一度に輸入できる量は1ヶ月分まで

1に関しては、家族や友人であっても譲渡することはできません。輸入したルミガンはすべて自分で使うようにしましょう。また、医薬品は利用する本人宛に発送される必要があります。女性向けの製品が男性宛に送付される場合、譲渡する可能性を疑われ税関で止められてしまうなどのトラブルになりかねません。

上記の点を守っていないと、薬事法違反で税関で止められてしまう可能性があります。そのため、必ず守るようにしましょう。

また、ルミガンを個人輸入する際は、シンガポールやインドなど海外から発送されます。手元に届くまでは1~2週間かかるので、その点も覚えておきましょう。

通販でルミガンの正規品を購入できる?

医薬品を通販で購入するとなると、偽造品を購入してしまわないか心配になる人も多いでしょう。しかし、通販でもルミガンの正規品を購入することができます。

ルミガンの正規品を購入するためには、信頼できる通販サイトを見分けることが大切です。

信頼できるサイトかどうかを確認するためには、通販サイトの運営者情報をしっかりと確認することが大切です。信頼できるサイトであれば、運営者情報やプライバシーポリシー、お問い合わせフォーム、電話番号などの必要な情報が掲載されています。これらが存在するものかを確認するために、一度掲載されている電話番号に連絡してみるのも1つの方法です。

運営者情報が明らかではないサイトや、医薬品が異常に安い金額で販売されているサイトは、信頼できるとは言えません。

通販サイトでルミガンを購入する際には、すぐに商品を検索して支払いを済ませるのではなく、まずはサイトの情報を確認するようにしましょう。

通販で購入した場合:手元に届くまでのステップ

個人輸入代行サービスを利用してルミガンを購入した場合でも、通常の通販サイトと利用方法は変わりません。具体的には、自宅に届くまでには以下のようなステップがあります。

 

ステップ1.商品の選択と支払い手続き

個人輸入代行サービスの通販サイトで、欲しい商品を選択して支払いを済ませます。

支払い方法には、クレジットカードや銀行振込、コンビニ支払いなどがあります。

 

ステップ2.確認メールの受信

入金が確認できると、登録したメールアドレスに、依頼完了メールや入金完了メールが届きます。確認メールと共に商品の追跡番号が送信されます。この追跡番号を利用すると、現在の商品の配達状況を確認することができます。

 

ステップ3.商品の発送

入金確認後すぐに商品が発送されます。個人輸入代行サービスを利用した場合、インドやシンガポールなど国外からの発送となるため、自宅に届くまで7営業日~21営業日ほどかかります。

ルミガンは個人輸入するのがおすすめ

ルミガンは個人輸入代行で購入すると病院で処方してもらうよりも安く購入することができます。また、個人輸入の場合、医師の処方箋も不要であるため、より簡単に購入することができます。

個人輸入であっても、信頼できる個人輸入代行サービスを選べば、正規品を購入することができます。支払いを済ませる前によくサイトの情報を確認して、信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。