バイアグラとお酒(アルコール)の飲み合わせ

men and woman drinking wine

男性のED(勃起不全)を改善することができるお薬として、世界中で知名度が高い医薬品の1つがバイアグラ(Viagra)です。バイアグラは1999年3月から日本ファイザー社によって販売され、これまで多くの男性の性生活をサポートしてきました。

たくさんの方に利用されているバイアグラですが、プライベートな内容であることから話題に上がることが少なく、十分な情報が広まっていません。そして、バイアグラの利用者からよくある質問の1つが、アルコールとの併用は可能なのか、ということです。

この記事では、バイアグラとアルコールの併用による影響や、安全性について解説します。

アルコールがバイアグラの効果にどのような影響を及ぼすのかをしっかりと学び、バイアグラのメリットを最大限に得られるようにしましょう。

バイアグラとお酒(アルコール)の飲み合わせ

まず、バイアグラとアルコールの併用は可能です。少量のアルコールであれば、バイアグラの効果を弱めることはなく、体に悪影響をおよぼしません。

2004年にアメリカで、バイアグラをアルコールと併用した際の体へ影響に関する実験が行われました。この実験では、100mgのバイアグラを服用した8人の男性に、アルコール度数13.5%の赤ワイン750mlを服用してもらいました。そして、その後3時間の体の様子をモニターしました。この3時間の間、15分置きに血圧、心係数 心拍数を測定しました。

その結果、それぞれの数値に上昇がみられましたが、いずれも健康に害を及ぼすほどの変化ではありませんでした。

参考:The National Center for Biotechnology Information, No adverse hemodynamic interaction between sildenafil and red wine.

この実験からわかる通り、バイアグラとアルコールの併用は可能であり、危険性は低いといえます。

ただし、バイアグラをアルコールと併用する場合は、アルコールを飲みすぎないことが大切です。アルコールを飲む際は、あらかじめ飲んでもいい量を決め、アルコールと一緒に水やジュースなどノンアルコールドリンクを飲むことが大切です。

バイアグラと併用可能なアルコールの量とは?

バイアグラは適量のアルコールであればリラックス効果を得ることができるため、勃起をサポートすることもあります。では、どれくらいのアルコールであれば飲んでもいいのでしょうか?

 

一般的にバイアグラと服用可能なアルコールの量は以下の量です。

これくらいの量であれば、バイアグラの作用を妨げることなく、アルコールを摂取することができます。

 

バイアグラと併用可能なアルコールの量

アルコール度数の目安 アルコールの量
ビールなどの5%以下のアルコール 350mlまで
ワインなどの約12%のアルコール 150mlまで
ウィスキーや日本酒などの40%以上のアルコール 50mlまで

アルコールの過剰摂取による副作用

バイアグラを服用する際にアルコールを過剰摂取してしまうと、バイアグラの効果が得られないだけではなく、副作用を促してしまうことがあります。

アルコールの過剰摂取の副作用としては、心拍数の増加、吐き気、筋肉痛、胃痛、視力の変化、下痢などがあげられます。

アルコールの量が増えれば増えるほど、副作用の症状も重度となります。バイアグラを服用する際にアルコールを摂取するのであれば、酔わずに理性を保ちつつ、量を調節することが重要です。

アルコールはバイアグラの効果、勃起不全を妨げる?

ここではアルコールを摂取することにより、どのようなデメリットがあるかをご紹介します。すべての男性がこれらに該当するわけではなく、もちろん摂取するアルコールの量にもよります。

 

・体内のテストステロンを減らす

アルコールは体内のテストステロンの量を減らしてしまいます。テストステロンは男性の性機能に大きく影響しており、このレベルが下がってしまうと、勃起をするのが難しくなってしまいます。

そのため、より勃起不全の状況が深刻となり、バイアグラでは改善できなくなってしまうことがあります。

 

・バイアグラの分解を阻害する

アルコールを過剰摂取すると、体内の分解作用を弱めてしまいます。これによりバイアグラの有効成分であるシルデナフィル(Sildenafil)が体内で分解されにくくなり、少量しか血液内にいきわたらないことになります。この状態では、バイアグラの効果を得られにくくなります。

 

・低血圧を引き起こす

バイアグラとアルコールの両方には血管拡張作用があります。どちらか一方だけを摂取する際は問題ないですが、2つ同時に摂取することで効果が2倍となり、低血圧を引き起こす可能性があります。それによって、ふらつき、めまいなどの症状があらわれることが報告されています。

特に低血圧の方は、慎重にアルコールを摂取してください。

 

・神経伝達機能の低下

アルコールは集中力や判断力が鈍くすることで知られていますが、これは神経伝達に関連する機能に対してアルコールが作用するためです。適量であれば問題ありませんが、大量にアルコールを摂取すると、脳の伝達機能が大幅に低下し、勃起を促す信号が送られなくなってしまうことがあります。この場合、バイアグラを服用したとしても、効果が得られなくなってしまいます。

少量であれば、アルコールはバイアグラと併用が可能

バイアグラを服用した際、少量であればアルコールを摂取することができます。適度な量であればバイアグラの効果を妨げたり、副作用を起こしたりすることはありません。

バイアグラとアルコールを併用する際は、あらかじめ飲酒する量を決めて、過剰摂取することがないようにしましょう。