EDのセルフチェックシート(自己診断テスト)

ほとんどの男性は、人生に一度は勃起を得たり、維持したりすることができない経験をすることがあります。セックスをする時に緊張していたり​​、お酒を飲み過ぎたりしている時は、勃起を得ることが困難になる傾向があります。

このような問題が時たま起こっているようであれば、気にすることはありません。

ED(勃起不全)と診断されるためには、勃起を得ること、または維持することへの困難を6ヶ月以上継続的に経験していることが前提となります。

もしかしたらEDかも?と思ったら、簡単な自己診断チェックのテストを行うことでEDの症状があるかどうかを判断できます。

この自己診断テストに答える時、過去6ヶ月を振り返り、質問にできるだけ正直に事実に沿って答えてみてください。パートナーの方とセックスを行った時のことを思い出してみてください。

テストの結果を医師に報告すると、勃起不全の診断と治療についてお話する時に役立ちます。

「ED(勃起不全)に関するよくある質問」についてはこちらの記事をご参照ください。

1. EDの自己診断テスト

1) EDのセルフチェックシート(自己診断テスト)の質問

まずは、以下の質問に答えてください。クイズの最後に、合計点数のスコアが計算されます。

 

① 勃起してそれを維持することへの自信はどの程度ありましたか

非常に低い:1点

低い:2点

中くらい:3点

高い:4点

非常に高い:5点

 

② 性的刺激によって勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか

性的刺激を感じなかった: 0点

ほとんど、または全くならなかった:1点

たまになった(半分よりかなり低い頻度):2点

時々なった(ほぼ半分の頻度):3点

しばしばなった(半分よりかなり高い頻度):4点

ほぼいつも、またはいつもなった:5点

 

③ 性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか

性交を試みなかった:0点

ほとんど、または全く維持できなかった:1点

たまに維持できた(半分よりかなり低い頻度):2点

時々維持できた(ほぼ半分の頻度):3点

しばしば維持できた(半分よりかなり高い頻度):4点

ほぼいつも、またはいつも維持できた:5点

 

④ 性交の際、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか

性交を試みなかった:0点

極めて困難だった:1点

とても困難だった:2点

困難だった:3点

やや困難だった:4点

困難でなかった:5点

 

⑤ 性交を試みた時、どれくらいの頻度で性交に満足できましたか

性交を試みなかった:0点

ほとんど、または全く満足できなかった:1点

たまに満足できた(半分よりかなり低い頻度):2点

時々満足できた(ほぼ半分の頻度):3点

しばしば満足できた(半分よりかなり高い頻度):4点

ほぼいつも、またはいつも満足できた:5点

2) EDのセルフチェックシート(自己診断テスト)の結果

 

このテストの合計点数は勃起不全の症状のレベルを示します。

 

1 〜 7:重度のED

8 〜 11:中度のED

12〜16:軽度から中度のED

17〜21:軽度のED

21 〜 25:EDなし

 

このテストの結果から、どのくらいのレベルでEDを患っているかを簡単に調べることができます。

あなたの症状に最適な治療法を医師と話し合うために、この結果を医師に伝えてください。

 

EDは通常、生活習慣の変化、ED治療薬の服用などで治療することができます。

EDは年齢を重ねるにつれて出てきてしまう避けられない症状ではありません。早く治療を行うと、それだけ早く健康を取り戻すことができることに繋がります。

 

このEDのセルフチェックシート(自己診断テスト)は、国際勃起機能スコア(International Index of Erectile Function)と呼ばれる問診(IIEF5)のひとつです。

2. 勃起硬度スコア(EHS:Erection Hardness Score)

上記のテストの他に、勃起の硬さのレベルを判断するために勃起硬度スコア(EHS:Erection Hardness Score)というツールがあります。

勃起の硬さのレベルを数字で示すことができるために、信頼されている指数です。

以下の質問に答えてみてください。

 

勃起の硬さスコアあなたは勃起の硬さをどのように評価しますか?

 

0:陰茎は大きくならない

1:陰茎は大きくなるが硬くならない

2:陰茎は硬くなるが挿入するために十分なほど硬くならない

3 : 陰茎は挿入するために十分なほど硬くなるが、完全に硬くなるわけではない

4: 陰茎は完全に硬く、硬直している

スコアの結果は精神的な幸福感にも繋がっている

ある研究結果によると、多くの男性において、勃起硬度スコアの評価結果と国際勃起機能スコアの関係性が相似していると報告されています。

勃起を得るために困難を経験すると、勃起の硬さにも問題があらわれることになります。このことは、セックスへの満足度、さらには精神的な幸福度にも繋がってきます。

EDかどうかをセルフチェックする方法」の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。