ルミガンの併用注意薬と気を付けるべき点

ルミガンは有効成分ビマトプロストを含む緑内障のお薬です。しかし、副作用としてまつ毛の成長を促す作用があることが報告され、現在ではまつ毛育毛剤としても使用されています。

そんなルミガンは病院や美容クリニックでの購入の他、個人輸入代行サービスを利用して簡単に入手することができます。そのため、日本国内でもまつエクの代わりとして利用している女性がたくさんいます。

ルミガンをまつ毛育毛剤として利用する場合は、点眼するわけではないので、副作用が発生することはあまりありません。しかし、利用する際にはいくつかの注意点があります。

この記事ではルミガンの併用注意薬と気を付けるべき点についてご紹介します。

ルミガンの併用注意薬

ルミガンには併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります。これらの併用注意薬はルミガンを点眼薬として使用した場合のものとなります。しかし、ルミガンはまつ毛に塗った場合でも目に入ってしまうことがあるので、併用注意薬の利用は避けた方がいいでしょう。

ルミガンの併用注意薬には以下のものがあります。

・プロスタグランジン系点眼剤

・ラタノプロスト含有点眼剤

・タフルプロスト含有点眼剤

これらはルミガンと同じく、緑内障および高眼圧症の治療に用いられています。これらをルミガンと併用すると効果を弱めるだけではなく、逆に眼圧を上昇させてしまいます。

緑内障や高眼圧症の症状を悪化させてしまう恐れがあるので、ルミガンとの併用は推奨されていません。

ルミガンに使用に注意する必要がある人

・眼内炎(虹彩炎、ぶどう膜炎)を患っている場合

虹彩炎、ぶどう膜炎などの眼内炎を患っている場合、ルミガンを使用して眼圧が上昇したという報告があります。

 

・ヘルペスウイルスが潜在している可能性がある場合

ヘルペスウイルスが潜在している可能性のある患者がルミガンを使用した場合、角膜ヘルペスが再発したという報告があります。そのため、角膜ヘルペスを以前に患ったことがある場合、ルミガンの使用は避けた方がいいでしょう。

 

・無水晶体眼、眼内レンズを挿入している場合

無水晶体眼、眼内レンズを挿入している場合、細菌性角膜炎や黄斑浮腫などの症状が報告されています。症状が悪化すると視力の低下につながることがあります。

ルミガンを使用した後に目の痛みがあったり、血管から水分が漏れているなどの症状が見られたりした場合は、病院で診察を受けるようにしてください。

 

・呼吸器疾患を患っている場合

ルミガンは呼吸器に疾患がある患者への研究は十分に行われていません。しかし、ルミガンを使用した後に喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状が悪化したという報告があります。したがって、呼吸器疾患を患っている場合は、ルミガンを使用する前に医師に相談することが推奨されています。

 

・心血管疾患を患っている場合

ルミガンの心血管疾患への影響に関する研究は十分に行われていません。ルミガンを服用することにより、低心拍数または低血圧になる可能性があるため、心疾患を抱えている場合は、ルミガンの使用の前に医師に相談することが推奨されています。

 

・アレルギーがある場合

ルミガンに配合されている成分にアレルギーがある場合は、ルミガンを使用することができません。また、食品、動物、色素、防腐剤などアレルギーがある場合は、ルミガンを使用する前に医師に相談するようにしましょう。もしルミガンを医師に処方してもらうのではなく個人輸入代行サービスなどを利用して購入した場合は、必ずパッケージにあるラベルをよく熟読してから服用するようにしてください。

ルミガンの使用後に、目元のかゆみや腫れが生じた場合は、アレルギー反応の可能性があるので目元を保冷剤で冷やすなどの応急処置をしてください。症状がおさまらない場合は、医師の診断を受けてください。

ルミガンを使用できない人

・妊婦

ルミガンの妊婦に関する十分な実験は行われていません。

マウスを使用した動物実験では、妊娠マウスに 0.3mg/kg/日以上を経口投与した場合、流産及び早産が認められ、妊娠・授乳ラットに0.3mg/kg/日以上を経口投与した場合、胎児が死亡するなどの胎児毒性が認められました。

この実験から妊婦がルミガンを使用するにはリスクがあるといえるため、妊娠している場合はルミガンを使用することができません。
参照:https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00057364

 

・授乳婦

妊婦と同様、授乳中の女性に対するルミガンの臨床実験は行われていません。

マウスを使用した動物実験では、ルミガンを投与すると乳汁中へ移行することが報

告されています。

母乳を通じて乳児にルミガンが投与されることとなるので、授乳中のルミガンの使用は避けた方がいいとされています。

 

・小児への投与

子供のルミガンの利用は安全性が確立していません。

16歳未満である場合、ルミガンの使用は禁止されています。

ルミガンを使用する前に、注意点を確認しましょう

ルミガンは塗るだけではまつエクをしたかのような見た目の変化を得ることができる、人気のまつ毛育毛剤です。しかし、使用する際にはいくつかの注意点があり、目の疾患を悪化させるなど望まない結果を招くこともあります。

アレルギーを持っていたり、目の疾患を抱えていたりなど健康面での懸念がある場合はルミガンを使用する前に必ず医師に相談してください。

また、妊婦や授乳婦はルミガンを使用することができないので、その点も注意が必要です。