シアリスを通販で個人輸入、海外から購入するメリットとは

お薬の個人輸入と聞くと、ややこしい手続きが多く面倒なイメージがあります。しかし、海外には日本では流通していない医薬品が多く販売されており、個人輸入をすると日本国内からお求めのお薬を手に入れることができます。

そして、それらの治療薬にはED(勃起不全)を改善することができるシアリスも含まれています。個人輸入をすれば、手間なく低価格でシアリスを購入することができるので、近年利用する男性の数が増えてきています。

この記事では、個人輸入の概要やメリットについてご紹介します。

通販を利用したシアリスの個人輸入とは?

個人輸入とは、税関のホームページによると「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」と定義されています。つまり、日本の小売店やメーカーを通さずに、直接海外と取引とするということです。

 

個人輸入の形態には以下の2つがあります。

①輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法

 

②輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法

 

①ではすべての手続きを自分で行わなければならないため、通関のための手続きをしなければならないなどの手間が発生します。しかし、近年では多くの輸入代行サービスがあり、海外の業者とのやり取りや税関手続きなどをすべて代行してくれます。そのため、通販と同じ感覚で海外の製品をインターネットで購入することができます。

海外のお薬を取り扱っている輸入代行業者は多数あり、シアリスもこのサービスを利用して購入することができます。

シアリスを個人輸入代行サービスで購入するメリット

1. シアリスの処方箋が不要

個人輸入代行サービスを使用してシアリスを購入する場合は、医師の処方箋は不要となります。そのため、診察代や病院に行く時間を節約することができ、忙しい人でもいつでも好きな時にシアリスを購入することができます。

また、処方箋が不要なので、自分の好きなシアリスを自由に購入することができます。体に合わせてお好みの用量を選ぶことができるのがメリットといえます。

 

2. ジェネリック医薬品など、日本で売っていない商品を購入することができる

日本では厚生労働省の承認を取得するのに時間がかかり、海外で画期的なお薬が誕生したとしても、すぐに手に入れることができません。また、異なる特許法が設けられているインドでは、医薬品の特許が満了となる前に、安くて安全なジェネリック医薬品を多数製造・販売しています。そして、これらも日本国内での販売が認められていないため、病院で処方してもらうことができないのです。

そこで、個人輸入代行サービスを利用すると、このような海外のお薬を入手することができます。日本国内での販売を待つ必要がないので、常に海外の最新の医薬品を試すことができるのです。

 

3. シアリスを低価格で購入することができる

まず、個人輸入代行サービスを利用してシアリスを購入すれば、診察代などがかからないので、大きな節約となります。

次に、個人輸入代行サービスでは、シアリスのジェネリック医薬品が多く扱われています。これらはオリジナルのシアリスと同等の効果を得ることができますが、後発薬であるためシアリスの半分ほどの価格で購入することができます。

シアリスはAmazonや楽天で購入できる?

シアリスをはじめとした医薬品は、Amazonや楽天で購入することができません。なぜなら、シアリスを購入するには、通常医師の処方箋が必要になるからです。また、シアリスのジェネリック医薬品など海外で販売されているものは、日本の厚生労働省の承認を得ていないため、Amazonなどの通販サイトでは販売されていないのです。そのため、海外で流通しているお薬は、個人輸入代行業者が運営する通販サイトでのみ購入することができます。

薬事法の違反に注意

お薬を個人輸入する際には薬事法で定められている規則に従う必要があります。

まず、お薬を個人輸入する際は、本人以外は利用することができません。譲渡、転売は違法となるので注意が必要です。これは家族であっても同様で、本人以外が使用するのは禁止されています。お薬を個人輸入する際は、必ず本人の名前宛に、住所登録をしている住所宛に送るようにしましょう。男性向けのシアリスを女性の名義で購入した場合、通関時にトラブルとなる可能性があります。

次に、一度に輸入可能な量が定められています。シアリスなどの医薬品は用法、用量の1か月分のみ購入することができます。

これらを守らないと違法となってしまうので注意しましょう。

シアリスの正規品は通販で購入できる?個人輸入は信頼できるのか

海外で流通しているお薬には偽物が混じっている可能性があります。そのため、シアリスを通販で個人輸入する際は、確実にシアリスの本物を購入できるよう「信頼できる輸入代行業者」を選ぶことが大切です。

信頼できる業者か確認するためには、以下の項目をチェックするといいでしょう。

・運営情報の記載がある

・商品の価格が相場である

・セキュリティ対策がされている

まず運営情報に関してですが、これが記載されていないサイトは信頼できるとは言えません。万が一トラブルが発生した際に問い合わせできる連絡先があるかも重要です。また、連絡先はメールアドレスだけではなく、電話番号があるかどうかも大切です。

次に商品の価格です。お薬を安く購入することができるのは個人輸入の大きなメリットですが、あまりに価格が安い場合は偽物が混入している可能性があります。また、大幅な割引を提供していたり、3つ購入したら1つ無料というようなキャンペーンを行っているサイトは安心できるとは言えません。お薬を無料で提供したり、価格が異常に安い場合は提携している正規の薬局ではなく、不正な経路でお薬を仕入れている可能性が高いので、十分に注意する必要があります。

最後にセキュリティ対策がしてあるかを確認しましょう。個人輸入をする際は、個人情報を入力しなければならないので、SSLが実装されているかを確認することが推奨されています。SSLとはインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことで、サイトのURLを見ることで確認することができます。

【https://】のURLであれば、暗号化されているということですが、【http://】のURLは暗号化されていないということになります。暗号化されていないと、住所やクレジットカード情報が漏洩する可能性があるので、必ず確認するようにしましょう。

これらの3つがしっかりしているサイトであれば、信頼することができます。また、利用する前に輸入代行サイトの口コミを確認するのも推奨されています。

シアリスは個人輸入の通販で購入するのがおすすめ

個人輸入代行業者が運営する通販サイトを利用すると、病院で処方してもらうよりも安くシアリスを購入することができます。また、個人輸入をすると日本では販売されていないシアリスのジェネリック医薬品も購入することができます。

病院に行く時間がない、高額なシアリスを購入する余裕がない、という人は個人輸入代行サービスを利用するといいでしょう。

ただしその際は、薬事法に反することがないよう、他人に譲渡しない、一度に輸入できる量を守る、という2点に注意するようにしましょう。