商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ: , ,

スーパータダライズ


¥2,380 ~


スーパータダライズはED(勃起不全)治療薬の成分と早漏治療薬の成分を両方配合し、ED(勃起不全)早漏2つの症状を1錠で治療することができる画期的な医薬品です。

スーパータダライズシアリスの有効成分であるタダラフィルが20mgと早漏治療薬の有効成分であるダポキセチンが60mg含まれています。

1錠あたりの最低価格: 185円(30錠)


ソーシャルシェア:
数量 数量価格 1錠あたり
30
-
+
¥5,550 185 円
spinner
10
-
+
¥2,380 238 円
spinner

スーパータダライズとは?

主要有効成分:タダラフィル ダポキセチンの働き

スーパータダライズED(勃起不全)治療薬の成分と早漏治療薬の成分を両方配合し、ED(勃起不全)早漏2つの症状を1錠で治療することができる画期的な医薬品です。

スーパータダライズシアリスの有効成分であるタダラフィルが20mgと早漏治療薬の有効成分であるダポキセチンが60mg含まれています。

ED(勃起不全)を患うと、早漏にもなりやすいとされているために、両方でお悩みの方に特に好評のED治療薬です。シアリスは24時間から36時間まで続く長い効果持続のため、海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれ親しまれている最も新しいED治療薬です。

スーパータダライズを製造販売しているサンライズ・レメディーズ社は、早漏治療薬の新薬であるプリリジーのジェネリック医薬品で有名なポゼットを製造販売している製薬会社でもあります。ポゼットは、早漏治療薬のジェネリック医薬品としては最も知名度があり効果的だといわれている医薬品です。

早漏治療のために新しく開発された医薬品である有効成分ダポキセチン早漏の治療に安全で効果的な効果をもたらすとして、数々の研究により明らかになっています。ダポキセチンは、短時間作用型選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRIという医薬品のクラスに属する抗うつ剤の一種です。早漏の治療ためにSSRIに属する抗うつ剤はこれまでにも場合により処方されてきましたが、ダポキセチンは早漏治療のために特別に開発された世界で初めての早漏治療薬です。ダポキセチンが含まれる早漏防止薬は射精のタイミングを3倍から4倍まで遅らせる効果をおよそ70%の男性にもたらすことができると報告されています。

有効成分タダラフィルは、24〜36時間まで持続する時間長い効果時間ために人気の最も新しいED治療薬であるシアリスに含まれている有効成分です。シアリスは以前発売されたバイアグラとレビトラの次に開発された医薬品ということもあり、それらに比較して最も副作用が少なく、食事の影響も受けにくく、長い効果持続時間のために、2013年8月にはED治療薬の世界シェアが42%に到達し、世界市場で一番のシェアを達成するようになりました。

スーパータダライズの製薬会社であるサンライズ・レメディーズ社はインドのグジャラート州、アーメダバード近くの1995年に設立されて以来、急速に成長している製薬会社であり、世界各国にその製品を輸出販売しています。ハーブ薬品、化粧品およびインドの伝統自然薬品であるアーユルヴェーダ製剤を含む医薬品のサプライヤーです。

早漏とは

早漏とは、性行為の時に男性が女性の膣に挿入してからあまりにも早く射精のタイミングが来てしまう症状のことを意味します。早漏は、最も一般的な男性の性的悩みであり、日本では成人男性の2人に1人は早漏で悩んでいるとされ、世界の男性のおよそ20%〜30%が早漏で悩んでいる推定されています。

早漏の症状はほとんどが心因性であると考えられていますが、身体的な原因により早漏になっている可能性もあります。

早漏医学的定義は女性の膣に挿入してから1分以内、或いは挿入する前に射精してしまう症状を指し、確率としては75%から100%までだと早漏として診断されます。このような医学的な定義による早漏の症状を患っている男性は1%から3%にとどまっています。

一般的な早漏の定義はよりゆるやかで、男性または男性のパートナーが望むよりも早く男性が射精してしまう症状とされています。男性としては、パートナーの女性を満足させてあげたい気持ちがあるのですが、気持ちに反して早いタイミングで射精してしまうことで落ち込んでしまっている男性も多い状況です。

早漏が定期的に起こると、パートナーにも問題として認識され、関係性にまで影響が及んでしまうこともあります。早漏を患っている男性の多くは、その悩みを誰にも打ち明けることが出来ずに一人で悩んでいるケースが多く見られます。

早漏治療薬発売以前にはトレーニングをしたり、カウンセリングを受けたり、手術を受けたりなどの方法がありましたが、2009年に早漏治療薬であるダポキセチン(商品名:プリリジー)が開発されてからは服用するだけで射精までのタイミングを〜4倍にまで延長することができるとして世界中の男性からの支持を得ています。

スーパータダライズ1ヶ月の最大使用量

1日1錠を上限とし、1ヶ月最大で30錠までを目安にしてください。

しかし、タダラフィル20mgを毎日服用し続けることは推奨されていません。

一方、ダポキセチンは初めて服用した場合は効果が出にくく、長期に渡って毎日服用し続けるとより高い効果を感じることができるとされています。

毎週少なくとも2回は性行為を行う見込みのある方はED治療薬としてシアリスを1日1回5mg服用することが推奨されています。この用量は個人の反応に応じて1日1回2.5mgに減らすことができます。

詳しくは医師にご相談ください。

服用間隔は24時間であり、24時間以内に1錠以上服用しないようにしてください。

スーパータダライズ効果効能

タダラフィル

有効成分タダラフィルはPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬という医薬品のクラスに属する医薬品です。

ペニスの勃起は、陰茎に血流をもたらす血管が広がり、血液供給が増加して陰茎が血液で満たされた時に起こります。同時に、陰茎から血液を取り除く血管である静脈が収縮することで血液が陰茎に蓄積し、勃起が引き起こされます。

男性が性的に刺激を受けると一酸化窒素が陰茎に放出され、一酸化窒素は、陰茎との間で血液を運ぶ血管の拡張および収縮を制御するcGMP(環状グアノシンーリン酸)の産生を可能にします。

タダラフィルはペニス内の血管を弛緩させることで、ペニスへの血流を増加させ、強く硬い勃起を得ることができるようにサポートします。

EDの症状を患っている男性は何らかの理由により、勃起を萎えさせる体内で生成される酵素であるPDE-5が性行為の途中で放出されてしまうことで満足した性行為を行った後まで勃起を維持することができません。

PDE-5cGMPを破壊するので、PDE-5阻害薬はPDE-5の作用を阻害することにより、より高いレベルのcGMPを維持し、満足のいく勃起を維持することをサポートします。

有効成分タダラフィルは水に溶けにくい性質を持っているために、有効成分が徐々に体内に吸収され効果がじっくりとあらわれます。この遅効性の性質から副作用もでにくく、効果持続時間も長いとされています。

 

ダポキセチン

早漏は脳内の神経系においてセロトニンと呼ばれる化学物質のレベルが上昇すると防ぐことができるという研究がなされています。

早漏はストレスが溜まっていたり、睡眠不足であったり、緊張していたり不安を感じている時になりやすいとされています。このようなコンディションの際には、自律神経の交感神経が優位になっている状態にあります。射精を司る神経も交感神経が優位な状態の時に起こるので、交感神経に総合的な刺激が多く伝わりすぎてしまい、満足する性行為を行う前に射精の命令を誤って出してしまうものと考えられています。

ダポキセチンは、セロトニントランスポーターを阻害し、神経系のレセプターでセロトニンの作用を増加させることによって早漏を防止する作用をもたらします。

脳内のセロトニンのレベルを上昇させるこれまでの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のクラスに分類される抗うつ剤は長期に渡って毎日服用する必要がありましたが、ダポキセチンは早漏治療のために、必要に応じて服用することが出来、有効成分が速やかに体外に排出されるように設計されているので副作用を最小限に抑えることができるようになりました。

スーパータダライズ服用方法 

1) 服用のタイミング

スーパータダライズ性行為の1時間ほど前に服用してください。

ダポキセチンは経口投与後、1時間後に血液内の濃度がピークに達します。ダポキセチンの効果持続時間は4〜5時間ほどとされています。有効成分が体内から排除されるためにかかる時間は比較的迅速であり、最終半減期は約19時間となります。そのため、セックスの1時間ほど前に服用することが最も効果的だとされています。

タダラフィルは経口投与後、1〜3時間後に血液内の濃度がピークに達します。

タダラフィルの効果持続時間は24〜36時間ほどになります。

ダボキセチンは食事の影響を受けませんが、タダラフィルは食事の影響を受けにくい医薬品です。800カロリー以内の食事でしたら食後に服用しても効果を十分に感じることができるとされています。

しかし、油分の多い食事、高カロリーの食事をした後の服用は避けてください

スーパータダライズは食事の影響を受けにくいですが、最も効果を感じることができる服用のタイミングはやはり空腹時になります。スーパータダライズの有効成分が一旦体内に吸収されて食事をしたら食事の影響がほとんどありませんので、食事を伴う場合は食前の2時間ほど前スーパータダライズを服用してください。

 

2) スーパータダライズ服用用量

スーパータダライズを初めて服用する場合は、有効成分の用量に注意して、ピルカッターなどを利用して必ず半分4分の1に切ってから服用するようにしてください

有効成分タダラフィルの処方が日本で認可を受けている用量は5mg、10mg、20mgになります。

この用量は日本人の体型と体質を考慮して指定されている用量なので、海外の方向けに販売されているスーパータダライズのタダラフィル20mgとダポキセチン60mgの用量は平均的な日本人の男性には多すぎる用量になっています。

シアリスを初めて服用する場合は5mgまたは10mgから服用し始めることが推奨されています。

有効成分ダポキセチンの用量は30mgと60mgが販売されており、初めてダポキセチンを服用する際には30mgから服用することが推奨されています。

 

3) 効果持続時間

タダラフィルの効果持続時間はおよそ10mg(半分)で24時間ほど、20mgで36時間ほどとなっております。

ダポキセチンの効果持続時間はおよそ4〜5時間ほどとなっています。

スーパータダライズ副作用

1) 一般的な副作用

  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 視覚障害
  • 光に対する感受性が高まる
  • 消化不良
  • ほてり
  • 顎、腕、胸、または首のしびれ、うずき、痛み

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 痛みを伴う長期にわたる勃起
  • 心臓発作
  • 突然の難聴
  • 眼圧の上昇
  • 心室性不整脈
  • 聴力異常
  • 吐き気

スーパータダライズ使用上の注意

1) 持病のある方

タダラフィルは視神経への血液供給を減らし、突然の視覚異常を引き起こす可能性があります。このような症状は非常に稀ではありますが主に心臓病、高血圧、糖尿病、高コレステロール、または既存の眼の症状を抱えている人々は服用する前に医師に相談してください。

タダラフィルを服用する前に、以下の症状がある場合は医師に相談してください。

  • 心臓の疾患(過去6ヶ月の心臓発作または生命を脅かす不規則な心拍、胸痛/狭心症、心不全など)
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 高血圧または低血圧
  • 陰茎の疾患(ペイロニー病など)
  • 長期勃起の病歴
  • 鎌状赤血球貧血
  • 白血病
  • 多発性骨髄腫
  • 眼の疾患(色素性網膜炎、突然の視力低下、NAIONなど)

 

2)アレルギー体質の方

スーパータダライズを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。スーパータダライズには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3スーパータダライズの併用禁忌薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。

この説明には、薬物相互作用の可能性がすべて含まれているわけではありませんので、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師と共有してください。

タダラフィルと併用を避ける必要がある薬はリオシグアト(アデムパス)です。

タダラフィル硝酸薬と一緒に使用すると血圧が著しく低下することがあります。血圧が著しく低下すると、めまい、失神、まれに心臓発作や脳卒中に至ることがあります。

タダラフィルを、狭心症の薬ニトログリセリン、イソソルビドなどの硝酸薬)、アミル硝酸塩、アミル亜硝酸塩などの特定の薬物と一緒に服用しないでください。

前立腺肥大症または高血圧を治療するためにアルファ遮断薬(ドキサゾシン、タムスロシンなど)を服用している場合は、血圧が低くなりすぎてめまいや失神につながる可能性があります。アルファ遮断薬を服用している患者へは、医者は通常、低血圧のリスクを最小限に抑えるために、より少ない用量のタダラフィルを処方する傾向があります。

スーパータダライズはまた、モノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOIsとの同時治療、またはMAOIによる治療中止の14日以内には禁忌になります。

他に併用を避ける必要がある医薬品は以下のとおりになります。

  • イトラコナゾール、ケトコナゾールなどのアゾール抗真菌剤
  • クラリスロマイシン、エリスロマイシンなどのマクロライド抗生物質
  • リトナビル、サキナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤
  • ブセプレビル、テラプレビルなどのC型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤
  • ミフェプリストン
  • タダラフィルまたはその他のED治療薬肺高血圧症治療薬(タダラフィル、バルデナフィルなど)

 

4) グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がスーパータダライズの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでタダラフィルを服用中でも食べることは可能です。

 

5) 飲酒を避ける

スーパータダライズは、お酒と一緒に服用すると副作用が強く出過ぎたり、お酒が回りすぎるなどの症状が表れます。タダラフィルとダポキセチンは両方お酒と一緒に服用することを避ける必要がある医薬品です。

関連情報

レビュー

レビューはまだありません。

“スーパータダライズ” の口コミを投稿します