電話サポート
0120-966-075
午前10時 ~ 午後6時
ベターヘルスストア
ベターヘルスストア

プロゲストーゲン(progestogen)とは

1.プロゲストーゲンとは

プロゲストーゲン(progestogen)とは、黄体ホルモン、ゲスターゲン、ゲスタージェン、ジェスタージェンとも呼ばれる物質であり、子宮内膜に着床性増殖を引き起こす働きがあります。

プロゲストーゲンは女性の体内で排卵が起こると黄体から約2週間にわたって分泌され、その後分泌されなくなります。そして、プロゲストーゲンの低下したことを視床下部が検知すると、脳下垂体が刺激され、次の排卵が起こる仕組みとなっています。女性の体内では、このサイクルが4週間程度で繰り返されています。

プロゲストーゲンは肝臓で不活化され、大部分は消化管内、一部は尿中に排泄されます。

 

1) プロゲスチン(Progestin)

① プロゲスチン(Progestin)とは

プロゲスチン(Progestin)は、体に自然に存在する黄体ホルモンであるプロゲストーゲンを人工的に合成して作られた物質です。主に避妊用ピルや子宮内膜症の治療、ホルモン療法に使用されます。

プロゲスチン(Progestin)は、プロゲストーゲンのような効果を引き起こすために、体内のプロゲステロン受容体と相互作用するように作られています。身体の天然プロゲステロンが行う作用の一部を行うことができます。たとえば、プロゲスチンは子宮内膜に変化を引き起こし、子宮内膜の過剰な増殖を防ぎ、受精卵の着床と妊娠初期の継続をサポートします。

しかし、プロゲスチン分子の化学構造は、天然のプロゲストーゲンとは異なるため、身体のプロゲステロン受容体に結合する方法に、自然の黄体ホルモンとは異なる影響を与えます。

 

参照:

https://womenlivingbetter.org/progesterone-and-progestins/

https://www.larabriden.com/the-crucial-difference-between-progesterone-and-progestins/

 

② プロゲスチンの種類

プロゲスチンには,開発された順に第一世代:ノルエチステロン、第二世代:レボノルゲストレル、第三世代:デソゲストレル、第四世代:ドロスピレノンの4種類があります.

それぞれには、以下の特徴があります。

 

・第一世代:ノルエチステロン(Norethindrone)

世界初のプロゲスチンである、優れたホルモン活性が認められています。また、30年以上にわたって服用されてきたという臨床実績から安全性が高く評価されており、現在でも低用量ピルの成分として幅広く使用されています。

 

・第二世代:レボノルゲストレル(Levonorgestrel)

第二世代のレボノルゲストレルは、ノルエチステロンのメチル基をエチル基に置換することで開発されました。受容体との強い結合が得られるようになったため、より強いプロゲストーゲン作用が得られるようになりました。

 

・第三世代:デソゲストレル(Desogestrel)

デソゲストレルは、レボノルゲストレルにメチレン基を追加することで開発されました。これによりさらにプロゲストーゲン受容器との結合が強化され、プロゲストーゲンのより強い効果が得られるようになりました。一方で、アンドロゲン作用は軽減されています。

 

・第四世代:ジエノゲスト(Dienogest)

ドロスピレノンではアンドロゲン作用がなくなっているのが特徴です。

子宮内膜への作用があることから、子宮内膜症の治療に使用されています。

 

2) プロゲステロン(progesterone):天然型黄体ホルモン製剤

① プロゲステロン(progesterone)とは?

プロゲステロンは植物から作られた天然型黄体ホルモン製剤で、人工のプロゲストーゲンです。

プロゲステロンは、私たちの体内で作られたプロゲステロンと化学構造・分子的に同一であり、生体同一性ホルモンです。

プロゲスチンとプロゲステロンは、子宮内膜に同じような良い効果をもたらしますが、乳房や脳を含む体の他のすべての部分では、ほぼ反対の効果(副作用)があります。そのため、プロゲステロンはプロゲスチンよりも安全で、精神作用(気分)や髪への副作用も少なくなっています。

現在FDA(米国食品医薬品局)が承認した2つのプロゲステロン製品があります。プロメトリウム(Prometrium)は、経口カプセルであり、ピーナッツオイルに配合されています。プロゲステロンの膣座薬(ウトロゲスタン、クリノーネ)です。

 

② プロゲステロン(progesterone)の種類

・プロメトリウム(Prometrium):経口カプセル

体がプロゲストーゲンを十分に分泌していないときに、ホルモンを置き換えるために投与されます。妊娠しておらず閉経していない女性で数か月間止まっている場合、正常な月経(月経困難症)を回復するために使用されます。

プロゲステロンは、のぼせなどの閉経期の症状を軽減するためのエストロゲンとのホルモン補充療法の一部としても使用されます。子宮癌のリスクを軽減するために、プロゲステロンがエストロゲン補充療法に使用されることがあります。

 

・ウトロゲスタン、クリノーネ:膣座薬

ウトロゲスタ(Utrogestan vaginal capsules)もプロメトリウムと同様に月経困難症を治療するために使用されますが、剤形が異なり、膣座薬として使用されます。

ウトロゲスタンはまた、体内の天然プロゲステロンの不足により妊娠できない女性のための不妊治療にも使用されています。

ウトロゲスタンは、エストロゲンホルモン補充療法を受けている閉経後の女性の子宮内膜の異常増殖を防ぐためにも使用されます。

 

参照:

https://www.larabriden.com/the-crucial-difference-between-progesterone-and-progestins/

woman takeing a pill

2.プロゲストーゲンの作用機序

プロゲストーゲンには、妊娠のサポートをするとともに、身体を守る作用があります。

以下がプロゲストーゲンの主な働きです。

・受精卵の着床のために、子宮内膜を厚くする

・妊娠に備え、体温を上げる

・妊娠に備えるために血管を拡張させて、骨盤内に血液をためる

・血糖値を下げる

・身体に栄養や水分を備える

・腸のぜん動運動を抑える

3.プロゲストーゲン(プロゲスチン)を含む避妊用ピルの効果

ここでは、プロゲストーゲン(プロゲスチン)を含む避妊薬を服用すると、なぜ妊娠しないのかについて解説します。

避妊薬には、プロゲストーゲンに加えて、エストロゲン(estrogen)という物質が含まれています。この2つの血中濃度が高まると、体が妊娠中に近い状態になります。

これにより脳が妊娠したと錯覚し、視床下部や下垂体からのホルモン分泌を停止します。すると、卵胞が成熟せず、排卵もなくなるので、妊娠しなくなるのです。

さらに、2つのホルモンによって子宮の入り口に蓋をするように子宮頸部の粘液の厚さを増やすため、精子の進入を防止したり、子宮内膜に受精卵が着床しにくくしたりする作用があります。

このように避妊薬の複合的な作用によって、妊娠を避けることができます。

その他、卵巣ガンや子宮体ガンなどを予防する、月経痛が軽くなる、周期が安定する、貧血が改善されるなど効果も報告されています。

4. プロゲストーゲンを使用した治療

プロゲストーゲンはホルモン補充療法に使用されています。これによって複数の効果が期待できます。

・更年期障害の改善

プロゲストーゲンはエストロゲンと共に、更年期障害の治療として使用されることがあります。

ホルモン補充療法によって、のぼせ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、ほてり、発汗、不眠などの症状を改善することができます。

その他、骨粗鬆症、動脈硬化症、高脂血症を予防することも可能です。

 

・月経障害の改善

月経困難症の軽減、月経血量の減少、鉄欠乏性貧血の減少、月経異常の減少などの効果を得ることができます。

 

・がん予防

プロゲストーゲンには子宮がん、卵巣がん、子宮体がん(子宮内膜癌)、大腸がんなどの発症率を低くする効果があります。

また、プロゲストーゲンは女性だけではなく、男性への治療に使用されることもあり、前立腺がんを防ぐことができます。

 

・思春期の抑制

プロゲストーゲンは、男子女子の両方に対して早熟思春期の治療に使用されます。また、トランスジェンダーの子供に対し、思春期を遅らせるためにホルモン補充療法がおこなわれることもあります。

 

*ホルモン補充療法へのプロゲストーゲンは、人工合成物質のプロゲスチンと、天然型黄体ホルモン製剤であるプロゲステロンの2種類があります。

それぞれ効果が異なりますので、産婦人科医に相談して服用するようにしてください。

5.プロゲストーゲン(プロゲスチン)を使用している避妊用ピル

黄体ホルモンであるプロゲストーゲン(プロゲスチン)は、卵胞ホルモンであるエストロゲンと配合され、OC(Oral Contraception)として避妊用ピルに使用されています。

ヤスミン 箱とタブレット

ヤスミン(Yasmin)

ヤスミンは女性用の低用量避妊用ピルです。ドイツのバイエル製薬会社(Bayer AG)が開発したお薬であり、有効成分としてエストロゲンと、プロゲストーゲンを含有しています。正しく使用すれば99%の確率で避妊効果を得ることができます。

ヤスミンは有効成分の含有量を少なくした超低量ピルなので、副作用が少ないことが特徴です。

商品ページはこちら

ダイアン35 箱とタブレット

ダイアン35(Diane 35)

ダイアン35は、アジア人向けにドイツのバイエル製薬会社が開発した低用量避妊薬です。ダイアン35は第三世代ピルに分類され、有効成分としてデソゲストレル、酢酸シプロテロン(Cyproterone acetate)、エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)を含んでいます。

ダイアン35の服用で99.9%の高い確率で避妊効果をもたらすことができます。

商品ページはこちら

ポストフォン(Postpone)

ポストフォンは、インドのLeeford Healthcare社が製造販売している、ノルレボ錠(Norlevo)のジェネリック医薬品です。

ポストフォンは緊急避妊薬であり、24時間以内に服用すると95%、48時間以内の服用で85%、72時間以内の服用で58%の確率で妊娠を防ぐことができます。

有効成分として、第2世代のプロゲストーゲンであるレボノルゲストレルを含有しています。

商品ページはこちら

オーピル(O pill)

オーピルはポストフォンと同じくノルレボ錠のジェネリック医薬品であり、有効成分としてレボノルゲストレルを含有しています。

オーピルの製造販売はインドの製薬会社であるユニバーサル・ライフ・サイエンシズ社(Universal Life Science)が行っています。

オーピルを72時間以内に服用すると、高い確率で妊娠を防ぐことができます。

商品ページはこちら

アイピル(i-Pill)

アイピル(i-Pill)

アイピルもノルレボ錠のジェネリック医薬品であり、インドのPiramal Healthcare社が製造販売しています。アイピルはレボノルゲストレルを有効成分とする緊急避妊薬であり、24時間以内に服用することで95%の高い確率で妊娠を防ぐことができます。

商品ページはこちら

6.プロゲストーゲン(プロゲスチン)を含んだ避妊薬の服用方法

避妊薬は1日1錠を21日間服用し、その後7日間服用を休みます。この7日間の間に、通常の生理のように出血があります。

避妊薬は毎日決まった時間に服用するようにしてください。服用し忘れてしまった場合は、気づいた時点ですぐに1錠を服用してください。

避妊薬を2日連続で服用し忘れてしまった場合は、避妊効果をもたらすことはできません。再度服用した場合、効果が得られるのはそれから7日後以降となるので、それまでは他の避妊方法を使用するようにしましょう。

7.プロゲストーゲン(プロゲスチン)の副作用

プロゲストーゲンを含む避妊薬を服用した場合、片頭痛、吐き気、嘔吐、イライラ、性欲減退、むくみ、膣炎、静脈血栓症、心・血管障害、不正性器出血、乳房緊満感などの副作用が発症する可能性があります。

また、プロゲストーゲンが体液を貯留させる作用があるため、これによって体重が増加することもあります。避妊薬を服用後に太った、という声が多くありますが、これは体液が増加しただけであり、実際に体重が増加するのはわずかです。

8.プロゲストーゲン(プロゲスチン)の注意点

1)服用できない方

以下の方はプロゲストーゲンを含有した避妊薬を服用できません。

・1日の喫煙量がタバコ15本以上で、年齢が35歳以上の場合

・中性脂肪の血中濃度が非常に高い場合

・乳がん患者、乳がんの病歴がある場合

・肝炎患者、肝硬変があり問題が生じている、または肝腫瘍がある場合

・糖尿病を20年以上罹患しているか、糖尿病による血管の損傷がみられる場合

・深部静脈血栓症または肺塞栓症の病歴がある場合

・冠動脈疾患を患っている場合

・妊娠中に黄疸、持続性そう痒症又は妊娠ヘルペスの症状が出たことのある人

・妊娠又は妊娠している可能性のある人

・授乳婦など

 

2)併用禁忌薬

プロゲストーゲンを含有した避妊薬は以下の医薬品と併用できません。

・HIV治療薬(コビテスタット、エファビレンツ、ネビラピン、リトナビルなど)

・抗真菌薬(グリセオフルビンなど)

・精神刺激薬(モダフィニルなど)

・結核治療薬(リファブチン、リファンピシン)

・セントジョンズワート

・肥満症治療薬(オルリスタット)

・抗てんかん薬(ラモトリギン、カルバマゼピン、オクスカルバゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、フェニトイン、トピラマートなど)

9.プロゲストーゲン(プロゲスチン)を含む避妊薬の購入方法

避妊用ピルは婦人科で処方してもらう必要があります。一般的なドラッグストアや、楽天、アマゾンなどの通販では購入できません。

婦人科の他には、個人輸入代行サービスの通販サイトを利用して購入することができます。

 

参照:

https://www.mayoclinic.org/drugs-supplements/progestin-oral-route-parenteral-route-vaginal-route/description/drg-20069443

https://www.medicalnewstoday.com/articles/277737#progestin-progesterone-in-medication

個人輸入医薬品
海外サプリ
ベターヘルスストア
ベターヘルスストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。
当サイトについて
配送可能エリア一覧
<北海道 東北> 北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県
<関東> 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県
<北陸甲信越> 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 長野県
<東海> 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県
<近畿> 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県
<中国> 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県
<四国> 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
<九州> 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県
YouTubefacebookTwitterLine
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町5-1 兜町第一平和ビル 3階 Jade Ecommerce Ltd.
電話 : 0120-966-075 FAX : 03-6685-7448
Copyright ©
2020
ベターヘルスストアー (BetterHealth.jp) 
| 薬通販 | 医薬品の個人輸入代行 | ジェネリック |