ベターヘルスストア
電話サポート
0120-966-075
午前9時 ~ 午後4時
betterhealth.jp
電話サポート
午前10時~午後6時
ベターヘルスストア

糖尿病治療だけじゃないメトホルミン「老化を防ぐ」と言われる理由をわかりやすく解説

世界100ヵ国以上で承認されているメトホルミンは、特に食べ過ぎ・運動不足など生活習慣の問題を抱える肥満の糖尿病患者に効果的な飲み薬、最も使用されている血糖降下薬です。古くから使われてきた薬ですが今、“寿命を延ばす薬”として世界中で注目されています。

メトホルミンとは

メトホルミンの成分はマメ科植物であるガレガソウに由来し、ヨーロッパでは伝統的に消化器系や泌尿器系の疾患に効く薬草として用いられてきた歴史があります。1918年にこの薬草の成分が血糖値を下げる作用があることが発見され、本格的には、1940年代にフランス人医師Jean Sterneによってメトホルミンの研究が行われ、1957年に糖尿病治療への効果が報告されました。

メトホルミンは糖尿病治療薬として承認され、フランスで1959年に発売が開始、60年以上という長い実績があります。日本では1961年に初めてメトホルミン塩酸塩錠が発売され、非常に安全かつ安価に手に入ることから、費用対効果が高い糖尿病治療の第一選択薬として推奨されています。日本ではメトホルミン塩酸塩錠は処方箋が必要な薬ですが、海外の国によっては処方箋が不要なOTC医薬品(一般用医薬品)として販売されています。

メトホルミンの作用と効果

メトホルミンの多彩な作用 インフォグラフィックス

メトホルミンの効果は糖尿病だけでなく、ダイエット(体重減少)、がんを抑制する、認知症リスク低下など様々な方面で研究が行われており、ますます注目が高まっています。

まずはメトホルミンの基本的な効果として、承認されている2型糖尿病に対する作用を簡単に説明します。

そもそも糖尿病とは、すい臓から分泌されるホルモン、インスリンの働きが悪くなることで血液中の糖(血糖)が増えてしまう病気です。インスリンが不足して、血糖値が正常より高くなると、ひいては神経障害や目の病気、腎臓病などいろいろな合併症を引き起こす原因となります。

メトホルミンは、糖の代謝を調整して血糖値を一定に保つ働き、すなわち血糖値の上昇を抑える作用機序があります。メトホルミンは肝臓で糖が作られ体内に放出されることを抑え、さらに小腸でブドウ糖が吸収されることを抑制する「血糖降下薬」です。

メトホルミンの働きは・・・

  • 肝臓で糖が作られるのを抑える
  • 筋肉での糖の利用を促進する
  • 小腸で糖が吸収されるのを抑える

そして、糖尿病治療薬にはいくつか種類があり中には体重増加の副作用を持つ薬がありますが、ビグアナイド系の糖尿病治療薬は体重が増加しにくい特徴があり、とくに肥満の糖尿病患者への使用が効果的です。ビグアナイド系であるメトホルミンには、体重減少効果があることが報告されており高い注目を集めています。

医学論文を紹介するこちらの動画では、「糖尿病で太っている場合には、どういう薬がよいのか?」と、メトホルミンを投与した治療結果を解説しています。「肥満のある2型糖尿病をメトホルミンで治療すると糖尿病関連合併症、糖尿病関連死、総死亡が少ない」という結果が示されています。

ただし、ビグアナイド系の糖尿病治療薬だからといって暴飲暴食していても効果がでるわけではなく、もちろん食事・運動療法が大切な前提となります。

メトホルミンの日本での現状

日本では、1961年に承認を経て2型糖尿病の治療薬「メトホルミン塩酸塩錠」として発売されており、商品名はメトグルコ錠250mgとメトグルコ錠500mg(住友ファーマ)やグリコラン錠250mg(日本新薬)などがあり、1錠10〜15円前後の薬価で販売されています。

日本で承認されている用量は、1日あたりメトホルミン塩酸塩500mgの服用から始めて、通常1日1,500mgの維持量とされます。 メトグルコ錠250mgをはじめ、日本でメトホルミン塩酸塩錠は医師の診断が必要な処方箋医薬品なので、ドラッグストアやアマゾン・楽天のような国内通販サイトで購入することはできません。

メトホルミンは寿命を延ばす?

メトホルミンは寿命を延ばす

不老長寿は夢物語と思われていたかもしれませんが、実は世界各国の大学では真剣に若返りの研究が行われており、現実味を帯びてきています。糖尿病治療薬として60年以上の実績を持つメトホルミンは、昨今、血糖降下作用以外にもアンチエイジングに関わるいろいろな効果が報告されています。

老化予防にメトホルミンが効く?

80歳以上では20%以上と言われるアルツハイマー型認知症に対して、メトホルミン使用による認知機能低下の抑制・認知症発症率の低下が示唆されています。

オーストラリアのサマラス教授は、6年間にわたる高齢者の追跡の結果、糖尿病患者でメトホルミンを服用していた人たちは、服用していない患者に比べ認知症を発症する割合が5分の1だったことを報告しました。

また、世界各国で発売され日本でもベストセラーとなっている『LIFESPAN(ライフスパン)老いなき世界』の著書、ハーバード大学のシンクレア教授は「老化は病気である」として、老化にはアルツハイマー病や2型糖尿病が深く関連していることを指摘しています。

シンクレア教授は、抗老化作用のある薬として期待されているメトホルミンは糖尿病を発症してからの投与だけでなく、予防として早期に処方できるようになるべきだと発言しています。

メトホルミンは死亡率を下げて長生きに

老化研究の権威、米国アルバート・アインシュタイン医科大学のバルジライ教授の研究チームは、メトホルミンの健康寿命を伸ばす効果を報告しています。

・糖尿病患者約7.8万人と、糖尿病ではない人7.8万人を比較→メトホルミン投与の70代の糖尿病患者は糖尿病でない人に比べ死亡率が15%低かった

驚くことに、メトホルミンを服用している患者の方が、正常値の人よりも長生きしていることが示されたのです。

メトホルミンが寿命を延ばす調査結果は米国だけでなく、英国ウェールズのカーディフ大学で18万人以上の大規模な研究でも報告されています。

さらに、バルジライ教授は、メトホルミンの心臓病・がん・認知症などの慢性疾患への効果を調べる大規模な研究「TAME(Targeting Aging with Metformin)」を、65〜79歳3000人以上を対象として6年間にわたり調査をして、老化を抑制する効果を確かめる予定で、世界的に期待が高まっています。

メトホルミンはがんを抑制する可能性も

メトホルミンはがんを抑制する可能性も

通常、糖尿病の人は正常値の人と比較すると、がんの発生率が高いことが報告されています。しかし、メトホルミンを服用している糖尿病患者はがんで死亡する割合が低下することが報告されています。

メトホルミンのがん抑制効果は様々な臨床研究が進行中で、膵臓がん、肺がん、大腸がん、乳がんなどのリスク低下が報告されています。抗がん作用は、メトホルミンの血中のインスリン濃度を減らす働きにより、がん細胞の増殖が抑えられると考えられています。

がんは日本人の死因のトップです。メトホルミンによって、がん発生リスクを抑えることができるという効果には大きな期待が寄せられています。

メトホルミンでダイエットできる?

メトホルミンは血糖値を下げることによって食欲抑制効果があるため、太ることを防ぐことができるとされます。

食べ物を食べる→血糖値が上昇→インスリンが分泌→脂肪合成、という流れをメトホルミンによってインスリンの分泌を抑え、脂肪が作られるのを阻止でき、肥満の軽減につながるという考えです。欧米では糖尿病でない人でも、肥満対策、体重を減らす目的でメトホルミンを処方してもらう人も珍しくないと言われます。

日本では、2型糖尿病患者に対しメトホルミンの投与試験試で、開始からおよそ6ヶ月後には体重減少が確認され、約12ヶ月で平均1.2kgの体重減少が報告されました。

しかし、体重減少は認められていますがあくまで緩やかな減りであり、急激に短期間にダイエットしたい人への特効薬というわけではありません。メトホルミンを処方される患者は、食事コントロールと筋トレなど運動も同時に行うよう治療方針があるため、メトホルミンを飲むだけで簡単ダイエットとは安易に言えないでしょう。

とくに糖尿病を患う人には適切な筋トレなどエクササイズは重要で、その理由は、筋肉が減ると筋肉でのブドウ糖消費量が減って血糖値が上がりやすくなってしまうからです。血糖値が上昇してしまうと、糖分を脂肪として溜め込むことになります。

年齢とともに筋肉量は低下していくので、筋トレで筋肉量を保つことは欠かせないのです。ただし、激しい筋肉運動は低血糖を起こす恐れがあるため注意が必要です。

まとめ

糖尿病を患っている人は日本だけでも1000万人にのぼるとされ、私たちの寿命に大きく関わる病です。メトホルミンは糖尿病の治療薬として60年以上使用されてきた実績があり、安全性と有効性が確立している薬です。

メトホルミンの研究が進み、糖尿病以外にも慢性疾患の進行を遅らせる作用が分かってきており、様々な発病リスクを低下させることによって老化を防ぐことが期待されています。メトホルミンはジェネリック医薬品もあることから、老化防止・寿命を延ばすことができるのはお金持ちだけのものではなく、多くの人が低価格で入手できる薬として期待されています。

免責事項

メトホルミンの糖尿病治療薬以外の有効性については現在まだ研究中です。メトホルミンには副作用・禁忌がありますので服用については必ず医師にご相談ください。

セルジオ・ペレス 薬学博士

セルジオ・ペレス 薬学博士

セルジオ・ペレス薬学博士は薬学研究の専門家として、ベターヘルスストアーの医薬品に関する情報の監修に携わっています。

免責事項
当サイトで提供する情報は特定の医薬品や治療法の効果・効能を保証、使用を推奨するものではございません。必ず医師や薬剤師に相談の上、ご本人様の責任においてご利用ください。
番号追跡バナー
個人輸入医薬品
海外サプリ
ベターヘルスストア
ベターヘルスストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。
当サイトについて
配送可能エリア一覧
<北海道 東北> 北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県
<関東> 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県
<北陸甲信越> 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 長野県
<東海> 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県
<近畿> 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県
<中国> 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県
<四国> 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
<九州> 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県
YouTubefacebookTwitterLine
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町5-1 兜町第一平和ビル 3階 Jade Ecommerce Ltd. (ライフプラス通販株式会社)
電話 : 0120-966-075 FAX : 03-6685-7448
Copyright ©
2022
Jade eCommerce Ltd.
| 薬通販 | 医薬品の個人輸入代行 | ジェネリック |