シアリス ジェネリックの効果

24〜36時間まで持続する長い作用時間のために人気を集めているシアリス(Cialis)は、バイアグラよりも性能が優れていることから、近年はED治療薬のシェア第一位になっているお薬です。しかし、多くの男性にとって障害となる点は、お薬の高い価格にありました。そのため、シアリスを定期的に服用したくても、できない方たちがたくさんいました。

しかし、近年、シアリスにもジェネリック医薬品が販売され始め、上記のような悩みへの解決策となってきています。

ジェネリック医薬品は、通常は新薬の特許が満了した後で、同等の効能をもたらしながらも、より価格が安く設定され販売される後発医薬品のことです。安全性と効能があらかじめ確かめられていることから、新薬よりもはるかに安い開発費用で販売することが可能になったお薬です。そのお手頃なお値段から近年需要が高まっており、製造する製薬会社の数も年々増加傾向にあります。

シアリス ジェネリックの有効成分であるタダラフィル(Tadalafil)には、勃起不全を改善する他、様々な効果があることが知られています。

シアリス ジェネリックとは

シアリスジェネリック(Cialis generic)とはオリジナルであるシアリスと同じ有効成分タダラフィルを含む医薬品のことを指します。

日本ではシアリスの特許が満了していないため、現在購入することができるシアリスジェネリックはすべて海外製のものとなります。主にインドで製造されているものが中心です。

日本では2019年~2020年にかけてシアリスの特許が満了になると予想されています。そうなれば、国内の製薬会社からも厚生労働省の認可を取得の上、多数のシアリスジェネリックが販売されるようになるでしょう。アメリカやヨーロッパでは2017年にすでに特許が満了したために、シアリスのジェネリック医薬品であるタダラフィルが販売されています。

詳しくは「シアリスジェネリック」の記事を参照してください。

シアリス ジェネリックの効果は?

シアリスジェネリックは、シアリスと同じ有効成分を含有しているため、効果に違いはありません。

男性は性的刺激を受けると、中枢神経系に信号が伝達され、環状グアノシン一リン酸が分泌されます。この成分が陰茎周辺のNO作動性神経に働きかけ、海綿体平滑筋を緩めることで、血循環を良くします。この一連の作用によって、陰茎が硬くなり、勃起をするのです。

しかし、同時に体内では勃起をおさえるために5型ホスホジエステラーゼも生成されます。これの分泌量が環状グアノシン一リン酸の分泌量にまさってしまうと、勃起を妨げてしまうのです。

そこで、シアリスに含まれている成分タダラフィルは、5型ホスホジエステラーゼの作用を制圧することで、勃起を補佐します。

シアリスジェネリックの効果は、10mgで24時間、20mgで36時間まで持続します。これは現在発売されているED治療薬の中でも最も長い持続時間となります。金曜日の夜に服用すれば日曜日の朝まで効果が持続することから、ウィークエンドピルとも呼ばれています。

シアリスとシアリスジェネリックの違いは?

シアリスとシアリスジェネリックの一番の違いは購入方法です。シアリスは厚生労働省の認可を取得しているため、病院で処方してもらうことができます。しかし、シアリスジェネリックは国内では生産されていないため、病院で処方をしてもらうことができません。そのため、通販や個人輸入でのみ購入することができます。

個人輸入をする際は、個人輸入代行サービスを利用するのが便利です。このサービスを利用すれば、通常のオンラインショッピングと同じ感覚でシアリスジェネリックを購入することができます。

次にシアリスとシアリスジェネリックの違いは販売されている規格です。シアリスは、厚生労働省の認可を取得している5mg、10mg、20mgの3つの規格のみで製造されています。しかし、海外で販売されているシアリスジェネリックには、40mgなど容量の多いものも製造されています。

最後に、一番大きな違いは金額です。後発薬であるシアリスジェネリックは、開発費がかかっていないため、オリジナルのシアリスの3分の1ほどの価格で販売されています。

シアリスジェネリックの種類

① メガリス(Megalis)

シアリス ジェネリックは、海外では多くの製薬会社から販売されています。

代表的なものには、インドのムンバイに本社を置くマクローズ社によって製造、販売されているメガリス(Megalis)があります。メガリスは黄色い楕円形をしているのが特徴で、タダラフィル10mgと20mgの2つの規格が販売されています。

② ビダリスタ(Vidalista)

次に紹介するジェネリックシアリスは、インドのセンチュリオン・ラボラトリーズ社が販売しているビダリスタ(Vidalista)です。ビダリスタはシアリスとは異なり、舌の下で溶かして服用する舌下錠タイプや、噛んで服用するソフトタブレット・タイプを用意しています。そのため、お薬の服用を苦手としている人に推奨されています。

③ スーパータダライズ(Super tadarise)

次におすすめするのは、インドのサンライズ・レメディーズ社が製造しているスーパータダライズ(Super tadarise)です。スーパータダライズは、シアリスと同じくタダラフィルを含んでいることに加えて、早漏に効果のあるダポキセチン(Dapoxetine)も含んでいるのが特徴です。そのため、一錠で勃起不全と早漏の両方を改善することができます。

④ タスティリア(Tastylia

タスティリア(tastylia)はインドのヒーリング・ファーマが製造している医薬品です。水なしで服用することができるODフィルム状のお薬で、財布や名刺入れに入れて持ち運ぶことができる便利さから人気を集めています。

舌の上で溶かして服用することから体に早く吸収され、錠剤よりも早く効果を得ることができます。

その他のシアリスジェネリックの効果

シアリスジェネリックは、勃起不全を改善するだけではなく、体の他の部分にも効果を表します。

・血圧の低下

シアリスジェネリックは血圧をわずかに下げる働きがあります。そのため、肺動脈性肺高血圧症の治療薬として、アドシルカというブランド名で販売されています。また、この作用は心不全の改善にもつながります。

通常、シアリスジェネリックによる血圧の低下はほとんどの男性にとって問題となることはありませんが、硝酸塩と併用した場合、血圧が急激に下がることがあります。

すでに硝酸塩を服用している場合、シアリスジェネリックの服用は危険ですので、併用しないよう気を付けましょう。

 

・前立腺肥大症の改善

すでに紹介した通り、タダラフィルには陰茎周辺の血流を促進する働きがあります。この作用によって前立腺、尿道、膀胱頸部では筋肉を弛緩させて排尿を促すことができるため、排尿障害を緩和することができます。

タダラフィルを有効成分とした前立腺肥大症に対する医薬品は、ザルティアという名称で厚生労働省の認可を取得して販売されています。

 

・精子の運動量の増加

1日1回タダラフィルを継続して投与した結果、精子の質が改善されたという実験結果が報告されています。具体的には、精子の運動量の増加、精液の量の増加などが報告されています。

一方で、その他の臨床実験では、精子数減少が認められた、精子の運動率に変化がなかった、という結果もあります。そのため、タダラフィルと精子の関係性を明らかにするには、さらなる実験が必要とされます。もし、精子への有効性が認められれば、男性原因の不妊治療の役に立てることが可能になります。

 

・アンチエイジング効果

中年の男性に見られる体の変化の1つに動脈硬化が挙げられます。動脈硬化とは、血管が狭くなったり、弾力を失いもろくなった状態を指し、脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞を引き起こす可能性があります。

シアリスジェネリックには、血管の拡張収縮をコントロールする働きがあります。これにより動脈硬化を防ぎ、血管年齢を若く保つことができます。

さらに、シアリスジェネリックには、血管収縮作用を持つエンドセリン-1という体内酵素を減らし、血管の健康状態を維持する血管内皮細胞を増加させる働きもあります。

 

・女性の冷え症や不感症の改善

シアリスジェネリックは現在、女性の服用は推奨されていません。しかし、シアリスジェネリックは血管を拡張し全身の血流をよくすることができることから、手足の先まで血液をいきわたらせることができます。

シアリスジェネリックのこの特性は、女性の冷え性や不感症を改善することができると考えられています。

現地点では女性に対する臨床実験の数も少なく、女性向けのシアリスジェネリックの販売は予定されていません。しかし、男性と女性への作用に大きな違いはないはずですので、今後女性の身体に対応したタダラフィルを配合する医薬品が開発される日が来るかもしれません。

様々な効果があるシアリスジェネリック

シアリスジェネリックは、オリジナルのシアリスと同じ効果を得ることができるだけではなく、剤形タイプなどの選択肢も多く用意されています。

そのため、これまでシアリスが合わなかった、金額が高すぎて購入できなかった、という男性でも気軽に使用することができます。

また、今後研究が進めば、シアリスジェネリックの新たな効果が発見されるかもしれません。今後どのようなジェネリックが注目しておくといいでしょう。