通販で購入可能なピルの種類

通販で購入できるピルの種類

通販で購入できるピルには、低用量ピルとミニピルがあります。低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれているのに対し、ミニピルには黄体ホルモンしか含まれていないという違いがあります。

また、低用量ピルは排卵を防ぐ働きがあるのに対し、ミニピルは子宮頸管の分泌液を濃くすることで精子が通過するのを防ぎます。

低用量ピルのメリット

避妊率が99%と効果が高いのが特徴です。その他、生理不順の改善、生理痛の軽減、がんのリスクを下げるなど低用量ピルには様々なメリットがあります。

低用量ピルのデメリット

低用量ピルは、授乳中、35歳以上の喫煙者、心臓病、高血圧の人は服用することができないなど、様々な決まりがあります。上記は一部でしかなく、低用量ピルを服用することができない人が多いのがデメリットとなります。

また、吐き気や頭痛などの副作用がミニピルよりも起きやすいとされています。

ミニピルのメリット

ミニピルは偏頭痛、高血圧、心臓病のリスクのある人でも服用することができます。また、授乳中であっても服用が可能です。低用量ピルを服用することができない人でもミニピルは服用できるという場合も多くあるので、低用量ピルの代用として服用されます。

ミニピルのデメリット

ミニピルは効果の持続時間が短いため、服用時間が通常より3時間以上遅れた場合は避妊効果が期待できないというデメリットがあります。

また、日本では経口避妊薬として認可されていないという点もデメリットといえます。そのため、薬を海外から輸入してくれる個人輸入代行サービスや通販でより簡単に購入することができる低用量ビルの方がより身近であるといえます。

コメントを残す