シアリスと糖尿病の関係

シアリスは勃起不全に効果的なお薬として知られています。現在日本では男性の4人に1人が勃起不全で悩んでいるとされており、特に糖尿病患者に勃起不全が多くみられていることがわかっています。
この記事ではシアリスと糖尿病の関係や注意点について紹介しています。

糖尿病でもシアリスは服用可能?

持病を抱えているとED治療薬であるシアリスを服用することができないことは多くありますが、糖尿病に関しては服用が可能です。実際、糖尿病とEDの関連性は非常に高く、糖尿病患者の3人~2人に1人は ED の自覚症状があるというデータもあります。そのため、糖尿病患者であっても、シアリスの服用を推奨することができます。

シアリスは糖尿病の影響を受ける?

糖尿病であってもシアリスを服用することができますが、通常よりも効果を得にくいことがあります。
お薬は腸で吸収され、血液に溶けることで目的の部位まで運ばれます。しかし、糖尿病患者は血液の循環が悪いことが多くあり、お薬が体内に十分に行きわたらなかったり、時間がかかってしまうことがあります。そのため、効果が半減してしまう可能性があるのです。
しかし、効果を得にくいといっても、実際にシアリスを服用した糖尿病患者の約6割はシアリスの効果を感じることができています。そのため、勃起不全で悩んでいる男性には十分試す価値があるということができます。

シアリスは糖尿病の改善につながる?

シアリスは、糖尿病の中でもインスリンの分泌不足や作用不足を原因とする、2型糖尿の改善の効果があると期待されています。血行促進作用があり、血液にブドウ糖が吸収されるのを助けます。このブドウ糖が血中に十分あることでインスリンが作用しやすくなり、糖尿病の改善につながるのです。

医師への相談は必須

糖尿病を患っていてもシアリスを服用することは可能です。しかし、糖尿病と共に狭心症、動脈硬化を合併していて、硝酸薬などを服用している場合はシアリスを使用することができません。シアリスには多数の併用禁忌薬があります。そのため、上記に限らずいずれかの薬を服用している場合は、シアリスの服用前に医師に相談することを推奨します。

糖尿病でもシアリスの服用は可能

糖尿病患者の3人~2人に1人は勃起不全を自覚しているというデータがあり、糖尿病を患っていたとしても、シアリスを服用することは可能です。シアリスの効果が出るまで通常よりも時間がかかることはありますが、糖尿病患者の約6割はシアリスの効果を感じることができています。パートナーとのナイトライフに問題がある場合は、ぜひシアリスを試してみましょう。

コメントを残す