シアリスの特許とジェネリックについて

シアリスはバイアグラと同じED治療薬であり、2013年には全世界シェアが42%、世界市場で1位となりました。

そんな人気のシアリスはイーライリリー社によって製造・販売され、特許が満了でなかったためこれまで市場を独占することができていました。しかし、2018年の秋には特許が切れるという噂があったので、それによってED治療薬市場に変化が起こることが予想されています。

日本でもシアリスのジェネリックが登場?

シアリスの特許が切れれば、日本でも2019年までにシアリスのジェネリックが製造されることが予想されています。

主に東和薬品、キッセイ薬品、ファイザー社などからの販売が予想されており、有効成分名、用量、会社名を繋げたものが商品名になるのではないかと考えられています。

詳しくは「シアリスジェネリック」の記事を参照してください。

すでに販売されているジェネリックとは?

実はシアリスの特許が切れる前から、海外ではシアリスのジェネリックが出回っていました。これは、一部の国では特許を認めておらず、ライセンス料などを支払うことによって同じ有効成分を含んだ薬を製造、販売することが可能だからです。実際にインドではすでにシアリスのジェネリックが多く製造されており、低価格で消費者に提供されています。

特に人気のジェネリックには、タダシップ、タダリスなどが挙げられ、ODフィルムタイプやゼリータイプのものも販売されています。

いち早くシアリスのジェネリックを手に入れるには?

日本で正式にシアリスのジェネリックが製造される時期は、まだはっきりとはわかりません。

今すぐにジェネリックを購入したいという人は、個人輸入代行サービスを利用すると良いでしょう。このサービスでは、個人で使用する目的のお薬を海外から輸入して自宅まで届けてくれます。これを利用すれば、日本での特許切れを待たずに、すでに海外で流通しているものを簡単に購入することができます。