減量と薄毛、抜け毛の関係

年をとるにつれて肥満やメタボが気になり、ダイエットをして減量しようとする男性も多いことでしょう。しかし、無理に減量することによって薄毛、脱毛につながることがあります。主な理由は以下の通りです。

栄養不足

減量をしようとすると食事制限から始める人がほとんどでしょう。

髪の毛が成長するにあたって、タンパク質、ビタミン、ミネラルは非常に重要な栄養素です。しかし、ダイエットによって食事制限をすることによって、これらの栄養素が不足することが多くあります。そうすると、髪の毛に十分な栄養が行きわたらずに、抜け毛、薄毛へとつながってしまうのです。

 

ホルモンバランスの崩れ

上記のように身体が栄養不足になっていると、ホルモンバランスが崩れます。そして、男性ホルモンが過剰に分泌されることが脱毛症の原因となるとされています。

また、成長ホルモンが少なくなると髪の毛の成長が阻害され、薄毛の原因となってしまうことがあります。

 

減量によるストレス

減量中は好きなものが食べられなかったり、思うような結果がすぐに得られなかったりなど、ストレスを感じることが多くなります。ストレスが強くなると交感神経が緊張し、血管の収縮、血行不良につながります。そうすると頭皮に栄養が行きわたらずに、薄毛や抜け毛の原因となります。

特に円形脱毛症などはストレスによる代表的な症状です。

 

このように無理にダイエットをしようとすると予想外の身体への悪影響に悩まされることになってしまいます。

薄毛や抜け毛がすでに進行してしまった人には、ベルトリドなどのAGA治療薬を推奨することができます。これらのお薬は個人輸入代行サービスなどを利用して簡単に購入することができるので、使用を検討してみるのもいいでしょう。

コメントを残す