魔法のサプリ「スペマン」について解説

1. 加齢と性欲

男性が避けて通れないのは性欲の減退です。10代や20代の頃にどれだけ強い性欲を抱えていても、年をとるにつれて性欲は減少していきます。男性の場合、30代以降特に減退が顕著であるというデータもあります。

これには様々な理由があります。まず一つ目の理由は力の低下です。体力が有り余っていた10代、20代の頃と比べると、30代は体力の衰えが徐々に出てきます。セックスであれマスターべションであれ、性行動は体力を大きく消費するので、体力の低下はそのまま性欲の低下にも結びつきます。

2つ目の理由は、男性ホルモンです。男性ホルモンは男性の性欲のレベルに関係しているので、男性ホルモンが低下すると、性欲自体も下がってきます。

体力の場合は、日常的なエクササイズである程度維持する事が可能ですが、男性ホルモンは、高い状態を維持するのがなかなか難しいのです。

2. スペマンとは?

性欲の低下を防いで、一定のレベルに保つのは難しいのですが、オススメの方法があります。それが「スペマン」と呼ばれるサプリメントの摂取です。

スペマンは、ハイグロフィリア、ベルベットビーン、ゴクシュラなどの天然由来の成分を元にしたサプリで、男性ホルモンを増やし、精子の活動量を増やすことで、性欲を高いレベルに引き上げ、高い状態にとどめる働きがあるとされてます。

3. スペマンの効果

スペマンを服用すると、射精時の精子量が増える、精子の飛距離が伸びる、性欲が増えセックスに前向きになれる、女性に対して積極的になれる、などの効果が期待できます。

性行為に関する男性の問題は、ED(勃起不全)にばかり注目が集まりがちです。しかし、ED治療薬としてバイアグラなどを服用しても、問題が改善しない男性も実は多いのです。つまりED治療薬は、勃起を引き起こすものではなく、あくまでも勃起しやすい環境を整えるというものなので、勃起以前に性欲がない場合はどうしようもありません。

EDで悩んでいる方も、実は問題はED自体ではなく、性欲の減退にあるというケースも多いのです。まずはスペマンを飲んで、性欲自体の底上げをしてみるのが、改善への実は一番の近道であるケースもあります。

4.スペマンの摂取方法と注意点

スペマンは1日に2回、水またはぬるま湯で摂取するようにしてください。食事の前の空腹時の服用が推奨されています。スペマンは即効性のあるものではないので、最低でも3ヶ月は服用を続けて下さい。

スペマンはサプリメントですので、飲み合わせなどの注意点は厳しくありませんが、男性ホルモン関係の治療、例えば前立線の治療を受けている方は、スペマンの服用前に担当医に必ず相談をするようにしてください。また服用を開始してから、身体に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して、専門家の診察を受けるようにしてください。

コメントを残す