日本国内でも製造、バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック

まずジェネリック医薬品とは何でしょうか?ジェネリック薬とは、後発薬とも呼ばれるお薬で、特許期限の切れたお薬(先発薬)を元に、他の企業が開発、販売したお薬のことを言います。後発薬は、開発のコストや時間を大きく削減できるため、先発薬よりも大幅に低い価格で販売されます。また新たな成分などが配合され、先発薬よりも高い機能を持った後発薬も多くあります。

バイアグラは世界的に有名なED治療薬でしたが、何よりその価格の高さがネックとなっていました。しかしバイアグラも販売から20年以上が経過し、お薬の特許が切れています。なので、今ではバイアグラのジェネリックが販売されてます。

 

日本国内のバイアグラのジェネリック

これまでバイアグラというと、「海外のお薬」というイメージが強かったと思います。中には、そのようなイメージからバイアグラを敬遠していた方もいると思います。

しかし今では、日本国内のメーカーからバイアグラのジェネリックが販売されています。有名なところではキッセイ薬品工業株式会社や、東和薬品が販売しています。どちらも日本国内の大手製薬会社です。ジェネリックであっても、成分や効果は同じですので、バイアグラの効果を、信頼できる日本の製薬会社が、販売しているお薬で得ることができることは非常に大きなメリットです。

ジェネリック医薬品は、先発薬と全く同じではありません。なので、このバイアグラのジェネリックにもいくつかの、オリジナルのバイアグラにはない特徴が加えられています。例えばフレーバーとして、「コーヒーフレーバー」、「レモンフレーバー」などがあります。またタイプも錠剤タイプだけでなく、フィルムタイプや水なしでも飲めるタイプのものなど、数種類が用意されています。

 

含まれている成分は全く同じです。価格は安く、しかしオリジナルのバイアグラにはない特徴が追加されたバイアグラのジェネリック、試してみる価値は大いにあるといえるでしょう。

コメントを残す